ライラックが薫るとき

ジョーン・ホール