一番下のコメントへ

すみません、苦手です。
この年代の男女が純愛してるというのが売りだと分かっているのですが、あきさんの仕草の幼さがどうにも痛々しく見えてしまって。
重ねた年齢の中にどこか幼さを残してる女性は素敵ですが、彼女については全面的にただただ幼いだけに見えてしまい、あまり魅力を感じません。
デートの途中でろくに理由も言わずに突然逃げようとするなんて、子どもならまだしも真っ当な大人がやることではありません。
そこが魅力だと言われてもちょっと違うな、と。
離婚したという彼女の過去も含めて掘り下げてもらえればもっと共感できるのかもしれませんが、こんなにもいつまでも幼いままの伴侶はちょっと微妙かなあ、と思ってしまいました。
また、男性の方もハイスペックと言われている割にやることが子供っぽいと言うか、正直この人がモテるのが理解できませんでした。
何より男性の会社の部下の人たちの言動が社会人と思えない非常識さで読んでて辛かったです。

コメントする

このクチコミも読まれています

クセ強めで内容も面白い漫画好きな人は垂涎の一作! #1巻応援
吉川きっちょむ(芸人)
吉川きっちょむ(芸人)
1分前
未読の君、まだ読んでないなんてもったいすぎるぜ…!! 読んでる奴らとはダチになれそうだ!! なぜなら俺たちはルークさんを知っているから!! 俺たちの救世主!!ルークさん!!はわわ……! と、読んだあとちょっと変なノリをしてみたくなるほどにこの漫画は魅力的です。 時代設定は我々の地球でいうどのへんか分かりませんが、17、18世紀あたりの技術レベルでしょうか?もっと前なのかな? ヴィクトニア帝国という大国があり主人公はその帝国に搾取される側の植民地に住む少数民族で、金貨や経済などあるもののわりと原始的な生活を送っていた。 幼少期に両親が奴隷狩りに殺害されてから7年後、12歳になったルークは奴隷狩りに対抗すべく知恵を使い騙したり工夫して帝国と商売しお金で安全を買おうとしていた。 しかし、その矢先に再び奴隷狩りにあってしまい、自らも捕まり大好きな姉を連れ去られてオークションにかけられてしまうことになり、殴られ朦朧とした意識の中で神にあい、とある能力を授かる。 本来、年頃の人間が当たり前のように享受しているのが「生殖能力」だが、神はその代わりにルークに授けたのが「金を生み出す能力」だった。 しかも、まだもろもろ不明だけど帝国の紙幣、しかも全て通し番号が同じ偽札…。この能力と知恵を武器にルークはどう戦っていくのか! お姉ちゃんを取り戻すことはできるのか!? という話です。 第1話→https://shonenjumpplus.com/episode/13933686331749163174 話の設定や展開、ハッタリや知恵比べのようなギャンブル的な部分はもちろん面白いのですが、合わせて注目してほしいのはこの作品の根底に流れるセリフ運びのテンションやリズムとキャラたちのノリ!! 初期のジョジョを彷彿とさせる! そこにシビれる!あこがれるゥ!!的な香りがするゥ!! みんな大真面目なので最初は真剣に読んでたんですが、途中からもしかしてこれって笑って読んでもいいんじゃないか?というシリアスな笑いに思えてきますし、実際そこはかなり意識されてるんじゃないでしょうか。 生殖能力の代わりに授かった能力なので、金を生み出す時にドクッドクッってなるのや、頬を赤らめてちょっと汗かいてはぁはぁしているのもおもしろい…。 そのクセの強さに、やみつきになってしまう自分が愛おしいです。 画像:第1話57pより
3巻までの表紙...
2巻からが面白いと思う
user_private
名無し
6分前
黒幕みたいなやつが出てきて正義の話が主題になっていくのが2巻からで、エミリィの相棒ヒーロー一星君が登場してバランスが良くなった感じがあるので、3巻で第一部完はあまりに残念。 …と思ってたら原作の方が第二部を公開されてるのを見つけたのでポチポチ読んでいこうと思います。 https://rookie.shonenjump.com/series/FlR8CfEX5Rc
改造公務員リーパーズ
また読みたい
フォロー