名探偵はカッコいい。
次々と出会う難事件を颯爽とスマートに解決する。
しかし現実の日常では、滅多に難事件はおこらない。
事件がなければ名探偵の出番はない。
それだからか、探偵物の名作小説やドラマ漫画は数多くあるが、
「そんなに殺人事件に連続して遭遇するわけないだろ」とか
「むりやり密室や完全犯罪にしているだろ」
とファンからツッコまれたりもする作品も多い。

現実の探偵さんは浮気調査などの地味な仕事が殆どだとも聞くし、
名探偵が存在し活躍する世界は「夢」であり「非日常」
なのかもしれない。

だからこそ中二病的に名探偵に憧れる人はいる。(と思う)
この漫画は、そんな自称・名探偵で実質は迷探偵の
中二病的な夢が一杯で、勇み足やから騒ぎが得意で、
しかも結構開き直るし責任転嫁もする、という
見た目は綺麗だが中身はポンコツな女子高生・クララが、
祖父の残した喫茶店をただ平和に守りたいと思っている、
平凡な日常を好む男子高校生・コウタが店長の喫茶店に
「迷惑だから出禁!」と言われつつも、やってくる、
というコメディ。

全二巻のうちのまだ一巻しか読んでいないが、
コメディ漫画として凄く面白い。
自称・名探偵の女子高生の
ポンコツゆえの強引で的確な外しっぷりと、
それにつきあわされて喫茶店としては実害も被っている
高校生店長の悲哀が凄い。

ただ、読んでいて「あれ、これ伏線だろ?」
という点がけっこうアチコチに描かれているように思った。
らくだが「夢」とは何か、「日常」とは何か、という伏線。
多分、店長・コウタにも店員・副島さんにも常連・和嶋さんにも、
第一巻では明らかにされていない部分がある感じがする。
そしてそれは自称・名探偵の出禁探偵の女子高生にも。

と、読みながら推理しました(笑)。
二巻も読みたいのだけれども、近所の本屋には見当たらない。
何故だ(いや、出版社と本屋の判断だろうけれども)
面白いんだから出版社さんには重版してほしいのだが。

多分「夢」「日常」を問う?ポンコツ迷探偵コメディにコメントする
user_private
『出禁探偵 ~クララが来たりて謎を解く???~』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ