投稿
コメント
わかる

男から女へ。女から男へ。性の揺らぎのある世界観は、近年マンガでよく取り扱われる題材となった。パッと浮かぶところでは「ボクガールボクガール」『バランスポリシーバランスポリシー』『性別「モナリザ」の君へ。性別「モナリザ」の君へ』といったところだろうか。
こうしたTS(transsexual 性転換)漫画であるが、既存の作品の共通点を考えると、大凡が少年少女少年少女の心情の機微とセットであることに気づく。
本作はそのどれとも違う。主人公は32歳の男性。妻がいる。夫婦の間は少しギクシャクしていて、その要因は『子供ができない』ことにあることが暗に提示されている。その主人公が『女』になってしまうのである。
妻と同じ『女』になったからこそ分かること。男であったから分かること。そのどちらもをきっと主人公は覚えていくに違いない。この物語はそういった普通では見過ごされてしまう『夫婦』の感情を丁寧に汲み取るものになっていくのではないだろうか。

異性化ハラスメント。元々男性だったこともあるし、たしかにそういう被害を受けやすいかもしれない。「元男性」だから良いだろ、みたいな。
けど、劇的な変化に戸惑ってる段階の主人公が、そういうイジりを受けてるのは、本当にキツそう。痴漢ってのも心にキテただろうし。女性が年齢とともに、やり過ごし方とか対処を学んでいって、それでもめちゃくちゃ辛いことを、急にされる。堪ったものじゃないね。
だから頼れる男の先輩にときめいてしまう。仕方ない。でもいずれ、一波乱ありそうだなぁ…

それぞれの孤独の在り方は違うし、理解し合えないことはあるけど、歩み寄れる。こうした人との距離の測り方は現代においてとても大事なテーマをもった作品だと思う。
槙生のスタンスは、分かるまで話し合うわけでも、押し付けるわけでもなく、「受け入れる」こと。理解できなくとも朝ちゃんだけの「寂しさ」があることを認める。それはどこか悲しいことにも思えるが、仕方ない。ふたりは「ちがう人間」なのだから。けれど、「砂漠」があることを認めてくれる人が側にいる。それは朝ちゃんにとって、一部の読者にとって命綱になってくれるのではないだろうか。

プンプンの純粋さがデフォルメのキャラに現れ、変化していく腐ったプンプンから、あいこちゃんと海ではしゃはしゃぐ時に戻った純粋なデフォルメシーンから現実に戻るとこが、一番鬱な気持ちになった

雄一おじさんが出会った少女との過去もきつかった
利用された男の狂った姿とかもまさに