名無しの「また読みたい」マンガ1冊!
親愛なる僕へ 殺意をこめて
「人生楽しんだもん勝ち」がモットーの大学生・浦島エイジ。 だが一方で、人には言えない“過酷な運命”を背負っていた。 その現実と向き合った時、彼は惨劇に巻き込まれていく───。