訳アリ先輩の彼女になりました(8)【分冊版】5巻

訳アリ先輩の彼女になりました(8)【分冊版】

【そばにいてくれて、ありがとう】初めてのすれ違いを乗り越え、さらに強い絆で結ばれた由妃(ゆき)と鬼塚(おにつか)。順調な同棲生活に思えたが、ある日、鬼塚の父親から電話がかかってきてーー!?コミックス1~7巻、好評発売中!

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
おはよう、しっぽ

おはよう、しっぽ

佐々木ムギ33歳、しっぽ有。休日は高校からの付き合いである後輩兼親友のれんげと喫茶店を巡り、平日は山吹さん(前向きな朗らかさん)、小石さん(「ふつう」を愛する世話焼き)、土屋さん(何かありそう)という愛すべき3人の先輩おばあちゃんズと、図書館の修復室で働きながら比較的穏やかに暮らしている、はずだった。電車の中でしっぽをディスられたり漠然と異物扱いされたりするうち、自虐癖が身についてしまったムギ。しっぽを取るか否か悶々としながら過ごす中、悪意なき小石さんとの衝突をきっかけにムギの中に変化が起こり…… 「いくつになっても、文字通り生まれ変われる気がしてきた(30代女性)」「娘と一緒に読んでます(40代男性)」等々、文春オンラインのコミックサイトBUNCOMI上で反響を呼んだ「脱・自虐」コミック連載が、ついに一冊に!「他人や自分と向き合うというのは勇気がいることだけど、案外悪くない。そう気付かせてくれる、じんわり温かな優しいお話でした。」――帯コメントは、朗らかさとデリケートさが同居する演技が心をとらえて離さない俳優・伊藤沙莉さん。「なんとなく気分が上がらないな~」という日にこそ、ぜひページをめくってみてください。<電子版には、ムギ達の暮らす野川市周辺マップがカラーで収録されています!>

試し読み
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
黒竜姫と白執事 3巻

黒竜姫と白執事

隠していたアリシアの過去を打ち明けたハクト。だがそこに勇者が現れて…!?邪竜の娘と眷属となった執事の物語、激動のクライマックス!

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
勇者様、〆切です! 2巻

勇者様、〆切です!

東堂楓(29)、漫画家。日々〆切に追われつつ、異世界では勇者として魔王を倒す2足のわらじ生活中!だんだん馴染んできたものの、異世界で求婚されたり、頼みのカタナで魔王が斬れなかったり!? ギリギリ頑張る楓さん、そんな彼女のスマホに編集さんからの着信が?大人のハイテンションファンタジー、これにて完結!

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
推しを拝みたい!~気づけば“アイドルATM”やってます~

推しを拝みたい!~気づけば“アイドルATM”やってます~

「東京生まれロキノン育ちいまはアイドルのATM」を自称するイラストレーター・えるたまが、“アイドルATM”ならぬ推しに重課金する人々の生態に迫ります。「1億総推し活時代」ともいえる現代、メジャーなアイドルから“原石”まで、幅広い推し活に励む人々に取材したコミックエッセイです。さらに、日々推し活に励むオタクたちの生態あるあるや老後の展望まで、書き下ろし漫画も収録。

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
月収5万エジプト在住 まあ死なんやろ日記

月収5万エジプト在住 まあ死なんやろ日記

30代オカリナ奏者、月収5万円。約10年間海外を転々とし、現在はエジプトへ。アラビア語もわからない、お金もない。とっても不便な暮らしだけど、なぜか毎日がとってもハッピー!ぼったくられても、家を追い出されても、お金を盗まれても、死ななければそれでよいのだ。そんなカオスな日々の生活のなかで見つけたキーウィ流の「生き抜く術」をまとめたコミックエッセイ。

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
娘の友だちは放置子?

娘の友だちは放置子?

ある金曜日、娘のチヨと夜のコンビニ散歩から帰る途中、前方を駆けていく女の子を目撃する。「キミちゃん、裸足だった!」と娘に聞いた母は、急いで女の子を追いかける。「夜に裸足で走ってるってどう考えてもヤバイよ!交通事故…不審者…見失うわけにはいかない……!」と焦燥に駆られながら――。ことの発端はしばらく前。ご近所のキミちゃんが毎日家に遊びに来て滞在するせいで、娘も母も疲弊していた。一旦遠ざけたものの、あまりよくない噂を周囲から聞くこととなり、キミちゃんはいわゆる「放置子」なのではないかと気づきはじめるのだった。本書では、キミちゃんの困った依存行為、放置子との気づき、キミちゃんの親とチヨちゃんの母の全面対決を描く。書籍化にあたって、過去に描かれなかった新規エピソードや解決後の娘たちの心温まる交流などを加筆している。

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する

もっとみる