あらすじ

保育士として働く主婦の路子(みちこ)だったが、その場しのぎの甘いやり方で児童を指導することで保育園内でも評判が悪かった。そして、そんな路子に育てられた一人娘の友恵もまた、30近いのに働きもせず引きこもり、日がな一日ネットオークションで高額なオモチャを落札して過ごし(もちろん払うのは路子)、気に入らないことがあると暴力をふるうというろくでもない存在になっていた。自らの失敗子育てが原因とはいえ、そんな地獄のような日々に疲れ果てる路子…そんなとき、若い青年からやさしく声をかけられ、救われたような気持ちになる彼女だったが、実はそれは悪徳商法の罠で……事態はさらに悪化、世にも恐ろしい結末の奈落へと向かって転がり落ちていくのだった――! (※本コンテンツは合冊版「ご近所騒がせな女たちVol.4-3~特集/本当は怖い家族の裏事情」の内容と重複しています。ご注意ください)