icon_reread
また読みたい
フォロー
結婚前提×愛蜜儀式 第1話
「俺の妻としての勤めを果たしてもらう」佐和子の父が経営している会社は倒産寸前。立て直すには、もはや神頼みしかない――!?狐の嫁入りなんてフリだと思っていたのに”本物”の神様が現れカラダを弄られ蕩ける様なキスまで…「はッあッ…っこんな…気持ちいい…」優しく開かれた身体は奥までトロトロ…抗えない快楽に溺れてしまう佐和子だが、明日へ不安は尽きなくて…こんなことで本当に会社は立て直せるの…!?お狐様と禁断の同棲生活開始!
結婚前提×愛蜜儀式 第2話
「こんなに濡れて…俺を受け入れる準備は万端だな」会社立て直しのため、神様の尊と”おためし”婚約中の佐和子。ただでさえ問題は山積みなのに、尊が会社にまで現れ、しかも社員なっちゃうなんて…!?私の旦那さまはどんなところでも激しく求め…「ン…はっ…声、抑えなくちゃいけないのに…!!」会議室で響く水音に、恥ずかしいのに感じちゃう…!!ねぇ、尊…これって神通力を得るためだけなの…?Hで甘~いお狐様と禁断の同棲生活!
結婚前提×愛蜜儀式 第3話
「俺だけのものにしたい。そう思っていた…」後輩の悩みを解決するため、尊に協力を求める佐和子だが、その強引すぎるやり方に思わず感情的になってしまう。「俺はヒトは好きではない、佐和子以外は…」尊の切なる思いを吐露され、本当の気持ちを知った佐和子。優しく引き寄せ、繋ぎ止めるかのように抱かれても、自身の気持ちはあやふやなままで――…。そんな中、新たな受難がふたりを襲う…!!お狐様と禁断の同棲生活崩壊!?
結婚前提×愛蜜儀式 第4話
「神としてではなくお前に惚れた男として…願いを叶えたい」愛奈の存在で尊への想いを自覚していく佐和子。愛奈と儀式をして欲しくないと、自ら尊を求めて乱れ、力を分け与える佐和子だが、そこには神としての禁忌に関わる問題が…。“神”としての尊を目の当たりにし、恐怖に震えながらも尊を信じたい気持ちと、好きだという気持ちを消すことはできなくて――…。ふたりは本当の夫婦になれるのか…揺らめくお狐様と禁断の同棲生活!
結婚前提×愛蜜儀式 第5話
「佐和子の手料理も食べたいが…まずはお前が欲しい」晴れて”本当”の夫婦となった佐和子と尊。「やぁん…触られたらそうなっちゃうの…知ってるくせに…」始まったばかりの新婚生活に、場所を選ばずラブラブH!ふたりの熱も最高潮★だけどそんな生活は長くは続かなくて…!?帰り道に出会った謎のイケメンの前で意識を失う佐和子。いやらしく這う指、絡みつく舌…そのカラダには淫らな印を刻まれていて――!?お狐様と禁断の同棲生活!
結婚前提×愛蜜儀式 第6話
「生贄だからって頭から食べられるとでも思ったか?」幸せな夫婦生活を送るふたりの前に現れたのは、尊と同じ「神様」である環!その圧倒的な力に抗う術もなく、禁忌を犯した罰として力を奪われ隔離されてしまう尊。助けたければ環にその身を捧げる”生贄”になれ…!?尊を救うためと自身を差し出す佐和子…蕾をイジられ花弁を広げられて…「んんっ…ぅあっ…尊…わたし…」目の前の情事に尊は思わぬ行動に…!?お狐様と禁断の同棲生活!
結婚前提×愛蜜儀式 第7話
「私にさせて…私が動くから…!」身を挺して佐和子を取り戻した尊だが、その姿の維持すら難しいほど力を消耗してしまう。嬉しさと罪悪感の中、意識を失いかけている尊のために、佐和子は自ら受け入れ限界まで尽くそうとする。「…お願い」深く、もっと深く、カラダの奥まで繋がるふたり…。そこには「ヒト」と「神」という関係ではない、夫婦の形が確かにあった。そして環から課せられた最後の試練は…!?お狐様と禁断の同棲生活クライマックス!