icon_reread
また読みたい
フォロー
オリンポスの咎人IV サビン(1)
伝説の生き物ハルピュイアを宿すグウェンは、実験のため囚われていた。そんなある日、屈強な戦士サビンが現れ、グウェンを解放する。だが安堵したのもつかの間、サビンは遠い昔、神の怒りにふれて身の内に災厄を封じられた暗黒の戦士・疑念の番人だったのだ!彼はハルピュイアの高い殺傷能力を利用しようとグウェンを居城へと連れていき、「おまえは俺のものだ」と、所有の印を刻む。グウェンは不安に揺れながらも、甘い温もりを放つ彼のそばにいたいと感じて…!?
オリンポスの咎人IV サビン(2)
私があなたを守るわ――。敵対する狂信組織・ハンターの追跡を受けるグウェンとサビン。そしてグウェンは深い傷を負ってしまう。サビンを守りたい一心でのことだった。ハルピュイアの能力を利用されるだけの関係だったはずなのに、グウェンはいつしか彼に惹かれ、それはサビンも同様だった。彼らを惑わし続ける疑念の魔物の毒牙をも乗り越えて、愛しあうふたり。だがその矢先、血を巡るあまりにも皮肉な事実が襲いかかる!架せられた業に対峙するふたりの運命は!?