reread
また読みたい
フォロー
これはふたりだけの秘密。先生と私だけの…――。退屈な夏休みは“彼”の存在で一変した。このみはミステリアスな画家のモデルのアルバイトをすることになったのだ。報酬は甘いお菓子と先生との時間。キャンバスを挟んで見つめあう濃密な時間は、少しずつ密度を増していって…。見つめるだけじゃ満足できない、もっと深いところまで見てほしい、触れてほしい。言葉にできないまま欲望だけが募っていくこのみの心を置き去りに、夏の時間は過ぎていく。絵が描き終わったら先生との関係も終わり。最後に、と思い切った行動に出たこのみに、先生は「ずっと夢見てた」と言ってくれて…。まなざしからはじまるセクシャルな関係!