icon_reread
また読みたい
フォロー
初恋~恋に濡れる。~
蒔田桔平・法学部二回生。不真面目でいい加減でいつも違う女を侍らせている不誠実な男。それが准教授・日野の蒔田に対する印象だった。蒔田は日野が一番嫌いなタイプの男で、絶対に関わらないと決めていた。なのに、気づけば蒔田とキスをしていて…!?
艶やかな刻印
蒔田恒平の身体の最奥には花びらのような傷痕がある。高校3年生の冬、ヤクザ達に蹂躙された時の刻印だ。だがその時の記憶は断片的に霞がかっていて思い出せない。以来極度の潔癖症となり、恋愛も結婚もすべて諦めた。それから十数年、恒平は高校時代想いを寄せていた弓道部の後輩・西条司と再会する。司の妻の葬儀の場で、対立する派閥の秘書と議員として。そして司は恒平に囁く。俺はあの日あなたが何をされたのか、すべてを知っていると──。