reread
また読みたい
フォロー
すきとか、きらいとか、そういうことをちゃんと伝えられたらどんなにかいいのに。平凡な高校生のはずの浦木圭は、自覚はないけどおさななじみの松野鈴が気になる。鈴はある理由から紙ヒコーキ大好きっ子なんだけど最近それがエスカレートしてきて、どうにも圭の平凡な毎日は平凡じゃなくなりつつあるようです…。直球じゃなくて、へろへろ曲がっちゃう。だけどちゃんと届いてほしい。そんなキモチがたくさんつまった第1巻☆
幼なじみの圭と鈴は、お互い好きなんだか、そうじゃないんだか。その友達の竜介と葵は、お互いを嫌いなんだか、そうじゃないんだか。好きとか嫌いとかって、ほんとはまっすぐ届くもんじゃなくて紙ヒコーキみたいにへろへろ曲がって届いちゃう。鈴には自分がついてないと、と思ってた圭。でも鈴には次々と友達ができて、良いことなのに、なんだかなんだか…。ってキモチからいろいろ事件が起っちゃう第2巻。圭の紙ヒコーキはまっすぐ届くの!?