icon_reread
また読みたい
フォロー
心の森に花の咲く
売れない詩人の住む6畳のアパートに、家出してきた15歳の少年、学生作家の男、蒸発した父を探しに来た少女など、つぎつぎにいろいろな人がやって来ては住み着いていく。奇妙な同居生活。そこには笑いあり、涙あり、そして何より人の温かさを感じることの出来る空間だ。そこは作者の描く理想の共同体だ。