reread
また読みたい
フォロー
ギャグマンガの巨匠・赤塚不二夫の代表作は多数あるが、この作品はギャグマンガでありながらブラックユーモアに富み、善人を登場させず悪の肯定を貫くスタイルを持つ異色作。これぞ、まさに赤塚ワールドのダークサイド!?悪いことはどんどんやりなさい、正義なんてけしからん!小学校では万引きのやり方を勉強、夏休みの自由研究は父親の毒殺日記、3時のおやつは愛犬ペスの4本足でフライドチキン、家庭教師は家のものを盗み、夜になったら町はドロボーたちでいっぱい!そんなワルい奴ばかりのワルワルワールドで、タロたち家族は悪どく生きていく!目玉のおまわりさんも大活躍!?全14編収録!
同級生のミヨちゃんに花火を爆発させて楽しんでいたタロが誘拐された!!なんと犯人はとなり町の「いいことしよう会」の秘密工作員で、タロをいい子にして、ワルワルワールドからワルをなくそうと画策していたのだ。帰ったら「ただいま帰りました」、一万円を拾ったら交番へ、工作員のスパルタ教育でどんどん礼儀正しくなるタロ。生まれ変わったタロを見た家族は悪の味方・ワルワル仮面を呼ぶのだが…!?新キャラクター・ワルワル仮面が登場!全17編収録!