あらすじ

舞台は1984年。広島の港町。ロサンゼルスオリンピックで新体操が大ブームになる少し前から物語は始まる。偶然見た女子新体操に心を奪われた小学生・凛太郎は、家族に言い出せないまま新体操を習い始める。新体操にのめり込んでいく凛太郎は、昔気質の父・修に新体操を認めさせようと覚悟を決めるのだが――。夢を追いかける少年の成長と、家族の絆を描く感動作、上下巻同時発売!【著者プロフィール】黒川裕美(くろかわ・ゆみ)広島県出身。2015年、ハルタコミックグランプリを受賞。ハルタ32号の読切「夏が過ぎたら」でデビュー。ハルタ57号~78号まで初連載『夕凪に舞え、僕のリボン』を執筆。画力、演出力ともに急成長中のホープ。