gawear
「この世を渡るに顔なんて無くていい」イジメられて人との距離感が分からず、不登校になってしまった晴。自分だけの世界を作り出すためにゴミ捨て場にあった着ぐるみのくまを被って登校してみると、奇異な行動をとる晴は周囲から遠巻きにされ狙い通りに一人になれた。そんな晴の模索を男勝りで活発な幼なじみのナッちゃんは許してくれなくて――?心の揺れを描く青春グラフィティ。
また読みたい
フォロー