先生、ちゃんと聴かせてください

鈴吉