どうして好きなのかわからない。【短編】
SK