十二月は熱くゆれて

アン・チャールトン