投稿
コメント
わかる

うしおととらうしおととら
うしおととらそして出てくる仲間達、妖怪達みんなすごく魅力的で単発エピソードも泣いちゃうくらいに良いです。
中盤戦に差し掛かるあたりで展開が重くなって中だるみかな?なんて思っちゃうかもしれませんがそれもラストに向けての壮大な伏線になるのには驚きました。
ラストは今までうしおととらに関わった人々、妖怪全てが繋がって漫画史上最高の総力戦の激アツ展開に二人と一緒に旅をしてきた読者なら共に燃上がって号泣すること必至です!
おすすめというより、絶読(絶対に漫画好きならば読んだ方がいい漫画)ですよ!!

ともかく共感できるところだらけ。主人公の友人たちがみなライフステージもバラバラで楽しい。そして美味しそうに食べる表情がいい。

久しぶりにヤングマガジンヤンマガに本格ギャグ漫画がやってきた!
絵にものすごくクセがあるし、ギャグ漫画ならではのぶっ飛んだ表現に驚かされましたけど、意外とリアルリアルな営業シーンなんかがあったりして引き込まれます。
そして油断しているとまた地獄犬的なモンスターモンスターとのバイオレンスがはじまったりしちゃうので気を抜けませんね。
そんな感じの全く読めない展開と哀愁ありつつもエッジの効いたギャグが楽しみなので、できるだけ長く続いてほしいですね。

毎日の生活の中で悩んでいる恋や夢などミクロの問題と宇宙規模のマクロの問題を同時に展開しているのに少しも渋滞せずに読ませる脚本とパワーがある。そして読み進むうちにその二つは意外と近いことなのかなと考えてなんだか少し心が軽くなった気がした。少し青臭くてストレートな表現が多いけど、SF的な複雑さでテンポを悪くする事が無く全4巻だけど、まったく短く感じない内容の濃さがすごい。

ちばてつやちばてつや賞で「僕は兄になりたかった僕は兄になりたかった」という作品があったのを思い出した。
人のいい兄さんと、引きこもりの弟の話。

僕は兄になりたかった (第73回ちばてつや賞奨励賞)/さちこ - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

ゲームペルソナ5ペルソナ5の大ファンです。
ストーリーも世界観もキャラもとても素敵で、コミカライズされてもそれらの魅力は失われていません。
ゲームの方はあまりにボリューミーで、まともにやると100時間くらいかかるので、時間ない方はとりあえず漫画からでもいいかも。

ネメシスの杖ネメシスの杖」「インハンドインハンドー紐倉博士とまじめな右腕ー」の主人公、紐倉哲の新エピソードを描いた新連載
1話からさっそくバイオテロ。素人目線では人為的に天然痘ウィルスを感染させることができるのか!って感じ。1話から多くの謎を見せてくれる医療ミステリー。前作は未読であるが、期待して読んでいきたい。

『清々と』猛烈に推したいです。 谷川史子先生が青年誌で連載したらこうなるのか、というまさにキュンの塊みたいな作品です!

『清々と』猛烈に推したいです。 谷川史子先生が青年誌で連載したらこうなるのか、というまさにキュンの塊みたいな作品です!

@名無し

可愛い!!気になって全部読んでしまいました! こういうお嬢様高みたいな女子校に行った美人の先輩を思い出しました お嬢様学校とか希少価値高い男の先生とか、バラ園とかミニクーパーとか夢と憧れが詰まっててしかも超爽やかで幸福度高い読後感ですね… こういう青年漫画だけど少女が恋愛して成長する漫画好きなんですよね

マンガ好き同士が語り合うがごとく、アナログゲームも老若男女問わず楽しさを共有できる。しかも言葉の壁抜きで。だから6歳の外国人の子供だってすぐに同士になれるのがアナログゲーム、ボードゲームの楽しさなのだ。そんな魅力をギュギュッと凝縮してマンガにして伝えてくれる本書。アニメ化も決定らしい。ほらね。純粋な面白さはしっかりと伝わっている。世界中の同好の士がすぐにマンガもアニメも翻訳してくれるだろう。アナログゲームの魅力がビッグバンビッグバンを起こす瞬間はもう目の前に来ている。