投稿
1
コメント
1
わかる
42

加納梨衣加納梨衣先生の短編集が出たら絶対に買う!と誓ったビッグコミックスペリオールスペリオールの読切。

美大受験で一浪し、予備校に通っている純情少年が初めての裸婦デッサンに動揺を隠しきれず全く描けなくてムキになっていたところに、さっきのヌードモデルが話しかけてきて・・。

あんなに爽やかで胸キュン必至の『スローモーションをもう一度スローモーションをもう一度』が描けて、こんなにじっとりとしたエロティックな作品も描けるなんて!
多くの言葉を必要としない、心情を表情や目で語る描き方がとても上手いし面白いし、美しい。
間を表現する表情のアップにハッとさせられる。
セリフは関係や感情を示すわざとらしい言葉は極めて少なくごく自然なやりとりがされているところが映画的で素晴らしい。
50分くらいで映像化してくれたりしないだろうか。

面白くない映画の特徴として、やたらと状況や感情を言葉で説明してしまうものがあって、そうされてしまうと観る側としてはその人にそれ以上の何かがあるようにも思えず、もはやそのキャラクターに自分を重ね合わせてその奥の感情を読み取る気が萎え、全体的に薄っぺらく感じて興醒めしてしまう。

それに比べてこの作品は表情の一つ一つで読者をがっちり掴んで離さない。
彼女の目がすごい。
目は口ほどに物を言う目は口ほどに物を言うとはいうが、この目が感情を語り、心動かされ、その心情の奥を掘り下げたくなってしまう。

主人公の前にはまだまだ可能性が満ち溢れていて、経験したことがないこともたくさんある。
そんなとき突然鼻先にぶら下げられた魅力的な彼女、突き動かされた性欲に思考がぶん回され本来の目的を見失ってしまうのも分かる。
彼女の好意と興味は確かにあったであろうが、それが相手の人生を狂わせてしまうものであれば、と決断するほどには本気だったのかもしれない。
いや、だからこそ逆に遊びなのか?
どちらにせよ、優しさゆえの決断だったと分かるし、もっとしっかりしていれば違う形もあったんじゃないかという後悔も出てきそうだ。
その決断に報いるには前を向いて頑張ることだ。

スマホやLINEらしきものが出てくるので現代と分かるが、それ以外は特に時代性を感じさせず、いつの時代のどこの地方に当てはめてもある程度読めそう、というのが僕は大好きだ。
路面電車とか、髪のなびき方、乱れ方などディテールの良さと画面の白さの抜き加減のバランスもたまらない。

あー、絵とか全然描かないけど、知り合いがやっているヌードデッサンにたまらなく行きたくなってしまった。

ジャズに心打たれたのは高校生3年生の時…。

決して早くないそのスタートを巻き返すように、これでもかという程努力する主人公。才能じゃなくて、努力の凄さが大袈裟じゃなく、紙越しに伝わってきます。いや本当に!!!

どんな状況にも這い上がり、情熱を注ぎ続ける姿に胸が熱くなり、熱中することの素晴らしさを教えてくれます。

少女漫画ばっかり読んでいる私にとって、
ぶっちゃけ好みの絵柄じゃない…
でも自然と惹き込まれる…本当に…すごい。

ジャズに心打た...

前作の「大地の子みやり大地の子みやり」につづき「大地の子 ゆう大地の子ゆう」が始まり、坂田信弘坂田信弘原作マニアとして、シリーズ化はすごい嬉しい

坂田ゴルフ塾の選考会での爪先立ちの意味がわからないし、「入塾したければ上げろ」という生涯で言われることのない怒号。初対面の女の子によくこれだけ怒鳴れるもんだなと思いながら読んだ。

第一回から坂田節が炸裂し、いつも通りの感じで安心した。前作は実在の人物を元にしていたが今回は実在の人物を参考にしている記述はないので、完全な創作なのか。

前作の「大地の子みやり」

user_private
なまこデラックス
試し読み、読んだ。淡々としているのに緊張感があって、すごく面白いですね。

試し読み、読んだ。淡々としているのに緊張感があって、すごく面白いですね。

@コルク サディ

読んでいただけましたかー、読めるならそのまま最新話まで読んで欲しいです。単行本が待ち遠しいです。

最初はダスティンホフマンの「クレイマー、クレイマー」っぽい感じ漫画だなと思ってたけど、小料理屋の女将が関わり始めてから、あれこの感じ「黄昏流星群黄昏流星群」の1シリーズでありそうだなと思い始めてから黄昏流星群にしか見えなかった。

連載時期を調べると連載当時に読んでたはずなんだが、その当時のことを全く覚えていない...

佐野に未来人ってバレた。あとなんか犯人のテープが出てきたけど、佐野のセリフかと思ってびっくりした。

前後編の読み切りかと思って読んだらどうやら連載っぽいなぁと思って嬉しかったんだが、次からは鼻下長の続きを描くようだね。そして、後ハッピーの2話目は来年……?

安野モヨコ安野モヨコの代表作の一つである『ハッピーマニア』の続編がスタート。
前作は震えるほどの幸せを求めていろんな男を渡り歩いたシゲタがタカハシと結婚して一応のハッピーエンドをむかえたが、続編の『後ハッピーマニア後ハッピーマニア』はタカハシから離婚を切り出されたところから始まった。作中の時間も随分進んでいてシゲタが45歳。時は立ちましたな。
いやー、あの終わり方はなんか尾をひくようなものがあったけど、まさかタカハシの方がハッピーマニアになっているとは思いもしませんでした。楽しみです

user_private
けんたろう
ジャングル大帝の映画だけが祖母の家にあって、かなり小さい時から何回も見てました。それが手塚治虫作品との最初の出会いでした。 なぜか一番印象に残ってるのは木の根っこを食べて飢えを凌いでるシーンで、今でも脈絡なく思い出したりします。 火の鳥はすごい以外の感想がなかなか出てこないんですが、復活編が特に好きです。あの始まり方は衝撃的でした。

ジャングル大帝の映画だけが祖母の家にあって、かなり小さい時から何回も見てました。それが手塚治虫作品との最初の出会いでした。 なぜか一番印象に残ってるのは木の根っこを食べて飢えを凌いでるシーンで、今でも脈絡なく思い出したりします。 火の鳥はすごい以外の感想がなかなか出てこないんですが、復活編が特に好きです。あの始まり方は衝撃的でした。

@地獄の田中

ジャングル大帝ジャングル大帝の映画は見れてませんが、手塚作品は何気ないシーンが結構印象に残ることが多いですよね。

復活編今読み返してみましたが、物凄い展開ですよね…。こういう発想が出来る漫画家さんて今でもそういないと思います。

user_private
なまこデラックス

親戚親子が「過保護」っていうためだけに登場してるんじゃないかってくらい過保護を連呼してるけどこれはそろそろ爆発するんじゃないか・・・黒い吹き出しは初じゃない?怖いわ

親戚親子が「過...

マガジン作家がみんなで描いた漫画読みたいが単行本にはなっていないんだよな…

マガジン作家がみんなで描いた漫画読みたいが単行本にはなっていないんだよな…

@名無し

一回だけまんだらけで売りに出たのを見たことがあります。値段は8000円でした。