あらすじ

「もし明日、世界が終わるとしたらどうする?」友達からの何気ない質問に「私は好きな人と一緒にいたいっ」と返した雪野(ゆきの)。「何それ雪野すっげー乙女!!」と友達は笑ったけれど、隣の席の四宮(しのみや)君は「いいねそれ… 俺もそう思う」と言ってくれた。今までしゃべったこともなかった四宮くんが急に気になりはじめた雪野。サッカーが好きなこと、幼い弟たちがいること、犬が好きなこと… 少しずつ四宮くんのことを知っていき、2人の距離は近づくけれど、四宮くんには何か事情があるようで…―――――!