icon_reread
また読みたい
フォロー
妖怪風土記(1)
妖怪が元気だった奈良時代、優しくて可愛い少女・置染鯛女(おきそめ・たいめ)ちゃんは、大蛇に食べられそうなカエルを助けるために、大蛇と結婚する約束をしてしまう。そして家にやってきた大蛇を、戸締まりして回避した鯛女ちゃんは、その翌日、おじいさんに捕まったカニを、お金や着物を差し出して助ける。その夜、再びやってきた大蛇が、屋根を突き破って家に侵入し、鯛女ちゃんは大ピンチに……!?
妖怪風土記(2)
妖怪が元気だった平安時代、都で有名な陰陽師・賀茂忠行(かもの・ただゆき)のところへ入門した幼き安倍晴明(あべの・せいめい)。その入門直後、忠行の息子・保憲(やすのり)の婚約者だと話す少女・さよりの幽霊と話した清明は、都の東北に気をつけてというさよりのメッセージを保憲に伝えるが、その名を二度と出すなと保憲に突き飛ばされる。そんなある日、悪霊を払いに行く忠行にお供した保憲と清明だったが……!?