あらすじ

六軒島、第一の晩が明ける。台風により閉ざされた島で、一晩を明かした右代宮一族。不気味なほど静まりかえった島で、一族を待ち受けていたものは、魔女の不気味な痕跡だった。固く閉ざされたシャッターの向こうに、一体何が――…。