夢でもよし~君と、夜明けを待つ~
アユ・ヤマネ