一番下のコメントへ

【読んだ時期・連載時期】去年から今年のどこかで
【読んだ媒体】おそらくピッコマ
【カテゴリ】少年か青年

主人公は貴族の少年で、貴族が通う学校のようなものに通っていた。力が弱いor無かったため、父親から勘当される。父親or兄弟から家の恥だと言われ、更には暗殺者を送られて山?森?のような所で暗殺される。
死んだと思われたが、魂は中間層のような場所に辿り着き、数人の男女(年寄りもいた)と出会う。
その人達は歴史上?宗教上?悪人とされていた人達だったが、主人公の師匠となり主人公を強くしていく。(死んでも生き返らせるなど、無茶はしていた。)
しばらく経ったあと、主人公に主人公の身体は死んでない事、もうこの場所には来れないことを伝える。
師匠達は現実離れした能力の持ち主で、師匠を超えることは出来なかったが及第点をもらい現実に戻る。
現実の身体は死にかけていたが、師匠から教わった能力で回復し、学園に戻り無双する話だったと思います。

余り内容を覚えていないですが、よろしくお願いします。

最近の作品なので見つかりそうな気がします。追加でいくつか質問です。 ・フルカラーの縦スクロール(ウェブトゥーン)でしたか?それとも横に読む日本の一般的な漫画でしたか? ・主人公の大体の年齢・見た目の特徴(髪色・髪型・服装など)はなんですか? ・別に主人公は転生者ではないですよね?(設定がなんとなく異世界転生モノっぽいので念の為) ・作品の舞台は「架空の西洋風世界」であってますか?

最近の作品なので見つかりそうな気がします。追加でいくつか質問です。 ・フルカラーの縦スクロール(ウェブトゥーン)でしたか?それとも横に読む日本の一般的な漫画でしたか? ・主人公の大体の年齢・見た目の特徴(髪色・髪型・服装など)はなんですか? ・別に主人公は転生者ではないですよね?(設定がなんとなく異世界転生モノっぽいので念の為) ・作品の舞台は「架空の西洋風世界」であってますか?

@名無し

本当に申し訳ありません!

ここまで絵が出てこないのでもしかしたらと思って他サイトのノベルを漁ったらありました!!

漫画じゃないので見つからないです...
恐らく脳内補完で読んでいたと思います

探すのを手伝って頂きありがとうございました。

作品はこちらでした

〝千年前〟の十人の英雄の弟子となったかつての落ちこぼれによる英雄譚