『契れないひと』たかたけし先生の新連載
吉川きっちょむ(芸人)
吉川きっちょむ(芸人)
約1時間前
『契れないひと』たかたけし先生の新連載『住みにごり』がスペリオールで連載開始! 29歳サラリーマンの主人公が長めの夏休みもらって帰省した実家には35歳無職の兄がいて…。 まず冒頭の始まり方にめちゃくちゃビビりました!コミカルさと不穏さのバランスが好きです。 このまとわりつくようなネトっとした雰囲気でこれからどうなっていくか全く予想がつかず楽しみ。 前作の『契れないひと』とかヤングスペリオール新人賞受賞した『風俗に行っただけなのに』から考えると、哀愁を含んだギャグ方面なのかな、とも思うけど、同誌で原克玄先生原作の『フォビア』もやってるし、コメディとホラーって表裏一体の部分あるのでどうなるのか…。 でもギャグにするにしては要介護の母とヤバそうな引きこもりの兄と怖そうなタイトルだったり、ホラーにしては笑える感じあったりますが、いまのところはかなりページめくるのドキドキしてます。 タイトルの『住みにごり』にはどういった意味があるのか。濁り。 「引きこもり」みたいな語感ですが。 あと二階の秘密とは…。
住みにごり
百合漫画家さんの、同棲エッセイ! #1巻応援
nyae
nyae
約5時間前
普段から百合漫画を中心に描いてらっしゃる犬井あゆさんは、実生活でも"彼女"と同棲しているとのこと…!え、尊…!即買いして読みました。 これただのカップル同棲エッセイとして読むと完全に惚気マンガでしかないんですけど、このふたりは百合好き・アイドル好きな趣味が合うのに対して性格が正反対だったり、すごく絶妙なバランスで成り立ってるふたりだなと思うのと同時に、出会うべくして出会ったような気もして、あたたかい気持ちで読めました。エピソードのあいまに読者からの質問にふたりで答えるコーナーもあるので、同性パートナーとの今後に迷いや不安があったり、似たような境遇のひとにとってはとても参考になると思います。 ネガティブなことはほとんど描かれてないので、とにかく幸せがあふれたエッセイ漫画でした。
今日もひとつ屋根の下
料亭漫画としては〇、続編としては×
user_private
名無し
約1時間前
原作者の死去に伴い、新たな原作を付けた上で続編として始まった味いちもんめだが、正直「何故続編にした?」としか言いようがない。 原作者の料理知識自体は豊富なのだろうし、あべ善太ではない以上舞台を一新する必要もまぁわかる、煮方の伊橋を追い回しにするのも引き延ばしや成長物語色を強くする措置だろうし、決してそこまで話のレベルが低いわけではない。 しかしとにかく違和感が悪い意味で強すぎる、無印はそもそも後2,3年で終わる予定だったのが見え隠れする伏線が貼られ始めていたので、成長物語にするには5巻前に原作者が死んでいるならともかく、死去したタイミングから言ってもかなり無理があるし、 性別を理由にしたくは無いが、無印では風俗や競馬、落語といった親父臭い、男臭いネタも有ったのに原作者が女性だからか舞台が変わったからかそれらはほぼ無し。 ただ、これに関しては一応時代的にも風俗ネタは扱いにくくなっていた時期ではあろうので、判断が難しいが。 そもそも無印でこれらのともすれば低俗な話を用いたネタをあべ善太氏が好んでいたのは、引き出しもあるにせよ無印は反権威主義的な色彩を帯びているエピソードも多いが、連載の長期化や説教臭い回を出す度に自分自身が権威化することを恐れていたのではないかと思える部分が有り、新・味いちもんめは後半になるほど、上からの言葉と感じられ説教臭い回が素直に受け取れなくなっていて、もしも意図的に自らの権威化に注意を払っていたのなら原作者の力量に差を感じざるを得ない。 無印キャラの再登場も少なく、やはり別物として見るべきなのだろうけど、別物として見るにはタイトルも作画も味いちもんめである以上無理があり、その違和感を上手く擦り合わるのも失敗していて後半になるほど話の良さより違和感が気になってしまう。 ただし無印は良くも悪くも古い時代の作風で、こちらの方が時代に合わせようとしている感も有るので、こちらの方が合う読者も居そうではある。
新・味いちもんめ
海の生き物たちと心を通わせる45才シングルマザーが活躍!
ひさぴよ
ひさぴよ
約9時間前
失業中の45才シングルマザー・小波林さん(通称おばちゃん)が「海獣さん」なる特殊能力を見出され水族館のトレーナーのお仕事に就くことになるお話。海よりも深い人生経験を重ねてきた人間は、まれに海の動物と心を通わせられる能力を得るらしい…。かなり唐突な設定だったものの、不思議な説得力のある漫画で、おばちゃんと動物たちが見つめ合うだけで気持ちが通じていて理屈を超えた感情が伝わってきて思わず感動してしまいました。残念ながら1巻以降の続きはないようで、もう少し続きを見届けたかった作品です。
失業中の45才...
冷蔵庫の奥から乾いた柚子胡椒出てくるよね
野愛
野愛
約21時間前
「アレいつ使うの?」と言いたくなる冷蔵庫に残った半端な食材や調味料をなんとか使い切る知恵を授けてくれる漫画。 野菜とか肉とか生鮮食品は意識して使うけど、調味料はいつまでも放置しちゃうのわかる。焼き肉のタレとか柚子胡椒とかずっとある。 アレ使わなきゃな〜と思いながらピザ食べちゃうのもわかるし、大量に料理作って満足して2日目くらいに飽きるのもめちゃくちゃわかる。 わかりみが深すぎるあるあるの乗り越え方を楽しそうに伝授してくれるので、素直にやってみようと思えるのが良いところ。 白菜の漬け物余ったら古漬けチャーハンにすればよいということがわかったので、何も恐れずに白菜の漬け物作りました。ありがたい。
冷蔵庫のアレ、いつ使うの?
作中作を整理
toyoneko
toyoneko
約4時間前
本田鹿の子の本棚は遂に6巻が発売,さらに水洗戦記タケルの1巻も発売とのことで, 本田鹿の子の本棚の作中作につき,作者名+タイトル名を整理してみました(コミック版準拠)。 誤記があったらご容赦を。 1巻(暗黒文学少女篇) 1 恋田 敬「女に火をつける男」 2 帝都 正樹「ミニモン」 3 男谷 一発「目覚まし時計」 4 男谷 一発「空手家」 5 尼ケ崎 三太夫「グレープフルーツ太郎」 6 アダム 竹中「愛欲和尚」 7 阿修羅木 鉄「カードバトラー カケル」 8 迫水 力「ブリジット・キャンベルVS異世界の化物」 9 望月 睦睦「柚木さん」 10 奥 くるる「糖女房」 11 北小路 大門「爆発物処理班」 12 蠅沢 遥「ぼくのデス子 13才の少女」 2巻(天魔大戦篇) 1 アダム 竹中「ゴエモン&ガンタンク」 2 鈍色 空「抗徹巨人 ダギオス」 3 角田 偽史「猿の手 編」 4 角田 偽史「猿の手 編」 5 田中丸 大砲「ジパング」 6 右国 虫太郎「シロアリ飯」 7 間 翔間「超能力少年 紀岡」 8 不帰 離人「神隠しのサイコ」 9 佐世保 海路「漫画家 内田拳紫郎 インタビュー」 10 松平 只輝「猫カフェ」 11 宍戸 獅子丸「男のデスゲーム」 12 テロメア 未明「星霜の人」 3巻(大乱戦クラッシュファミリーズ篇」 1 ガトー・イーグルトン「豚肉の下に侍る者達」 2 邪画 曲「おつかいは はじめてか?」 3 マスクド 乱世「マッドプロレス20XX」 4 遊星 静止「セカイ系」 5 羽多田 オパオパ「ミユっちとチカ公」 6 伊東 篁「人手抄」 7 籾 しだく「肩こり人間」 8 金 五衰「黒氏緋花伝」 9 夕張 ゆばり「飲尿バー エリュシオン」 10 青黴 麒麟児「神感染 ファイナルボクササイズ」 11 立花 キャップ「ナチュラルマン」 12 ガトー・イーグルトン「便所姫」 4巻(続刊未定篇) 1 富良野 富士男「書を捨てよ 風呂にいこう」 2 魔儀羅 憑一「キンバリー中止計画」 3 宙船 宙魚「オーメガ星の有害図書」 4 日野 百頭女「妖怪たちの戦後史」 5 男谷 一発「死にぎわ」 6 青白鬼 脳細坊「ゆで理論殺人事件」 7 叫 童景「水憑き」 8 叫 童景「湯の花」 9 アミーゴ寺﨑「幼馴染考」 10 天秤棒 ぬらぬら「うみがなる」 11 下山 蓋然「観測者を見る猫」 12 羽多田 オパオパ「続・耳なし芳一&続・平家物語」 13 下呂 茜「メシマズヒロイン」 14 中田 終末時計「核まんが道」 5巻(鳳凰の帰還篇) 1 羽羽羽 麗「シャーマニックストレンジャー」 2 鈍色 空「勇気発進 ギザハート」 3 中島 だいなも「擬人化メシ」 4 颶風 二郎三郎「疾風伝説バレンタイン」 5 笠原 刑部「飯島アニマ」 6 迅電 車輔「バスターロード」 7 稲村 天変「弩級異伝 毛利」 8 松村 アガルタ「第一章」 9 チャフフレア 後藤「脳内ラヴサバイヴ」 10 小金井 ゴルドマン「水着回」 11 松平 只輝「サイコパス」 12 ジェヴォーダン 団十郎「偉大な飛躍」 13 宇宙卵 玉子「ニラ玉節考」 14 古血 ナムチ「ムエタイ人面瘡」 15 菅江 旅人「沼田稲穂」 6巻(十五撰相篇) 1 ヤヌス・ブラックウッド「収穫の環」 2 特別篇 3 後藤 孫六「三ノ輪大量殺人事件」 4 タイタス たらお「デリバリー 上に乗る者」 5 朝比奈 世阿弥「大麻男 胎蔵」 6 間 翔間「結晶ジカン」 7 李家 彦太郎「糞世界転記 アキオ」 8 李家 彦太郎「龍班」 9 苫前 銀熊童子「サムライ トロッコ道」 10 黒川 冷蔵「Go tо ヘル」 11 タイタス たらお「チーズマン」 12 平等院 アドレナリン「セカイ系 ハイボルテージ」 13 肉厚 ヒラメ「暴力ヒロイン 対 フィジカルモンスター」 14 喉仏 ごくり「ドキッ☆男だらけの創成期」 15 犀の角 独歩「エターナったフリーゲームの世界に転生しちゃった!?」 作者ごとに整理すると,男谷一発の作品が三作品。これがもっとも多いです。 しかし,二作品が掲載された作者も意外と多いです。 ガトー・イーグルトンは「狂王ガルザーシリーズ」の作者で,あわせて二作品。 松平只輝は「きらくにやろうぜ」シリーズの作者で,あわせて二作品。 角田偽史は,「猿の手」の通常版と新装版で,あわせて二作品。 叫童景は,「陰日本奇譚ツアー」から二作品。 アダム竹中は,「ネゴシエーター」シリーズから二作品。 それ以外にも,さらっと二作品掲載された作者がいます。 鈍色空は,なんといいますか,ダイナミックプロ的な作品が二作品。 羽多田オパオパは,芳一ネタで二作品。 タイタスたらおは,反町会長ネタで二作品。 間翔間は,超能力ネタで二作品。 あと,李家彦太郎も二作品。たぶん作者(佐藤先生)自身が元ネタ。 意外と,作者ごとの作風があるんですね…。
本田鹿の子の本棚
コミュ障OLが助けた"ハツカネズミ"の恩返し #1巻応援
sogor25
sogor25
約10時間前
この作品は人とうまく話すことができないと悩むのOL・小宮祥子が、ひょんなことから人の言葉を話すことができる"ハツカネズミ"の根津さんを助けたことで、根津さんからの恩返しとしてコミュ障を治す手助けをしてもらうようになるという物語です。 恩返しといっても、根津さんの手助けは人と話すときのちょっとしたアドバイスのような感じで、その内容もけっこう体当たり式だったりします。でもそんな中で祥子は少しづつコミュニケーションを頑張るようになり、次第に周囲の人々とも打ち解けていきます 祥子と根津さんのやり取りも楽しくて、気付いたらほっこりさせられている、そんな、ハートフルなコメディが展開されていく作品です。 1巻まで読了
根津さんの恩返し