岩本ナオ最新作 中世を舞台にした7人の騎士兄弟

中世の雰囲気漂うマロニエ王国の女将軍バラバエの7人の息子は「いつかかっこよくお姫様を助けること」を志して精進している。ある日、7人がそれぞれ周辺の国に外交のため派遣されることになった1巻。

雰囲気は「金の国水の国」にすごく似ている。特に、恋物語と外交問題を行き来するロマンスとリアルのバランスが。兄弟の騎士たちも数が多いのに「眠くない」「博愛」「暑がりや」「寒がりや」「獣使い」「剣自慢」「ハラペコ」っていう名前(本名)のおかげで覚えやすい。それにかわいい。
これから先確実に面白くなっていくと思う。とても楽しみ。

難しい話なのにスルスル読めるのは台詞回しの巧みさによるものでしょうね。真面目な話の最中にコミカルな話に転じる場面なども緩急になっている。

リスがかわいい

エレオノーラが粗雑な性格っぽいけど口元がコロコロ変わってすごくかわいい

コメントする
投稿者名
Icon book
1巻を試し読み
報告理由
詳細(任意)
投稿いただいた内容が第三者に伝わることはありません。
このコメントに返信する
投稿者名