漫画家ならではだなと思ったのは、原稿明けにボロボロの体で食べたものの思い出を語っている作家さんの多いこと。
殆どがエッセイですが、スエカネクミコスエカネクミコ先生は創作でした。

衝撃的だったのは峰なゆか峰なゆか先生の炭水化物愛。
役に立ったのは晴川シンタ先生の蟻塚と、釣巻和釣巻和先生の心太アレンジレシピ。
エッセイとして面白かったのは、石黒正数石黒正数先生のラ王と多田基生多田基生先生の普段の食事が粗末すぎて美味しいラーメン食べたら脳がバグっちゃった話。

酒、肉、麺ときたら次はなんだろう。
スイーツ?

きょう発売のマンガ雑誌に掲載されたばかり!超ホットな新連載&読切の情報をお届け!(平日15時ごろ更新)

◇◇◇2019年11月14日(木)◇◇◇

ヤングジャンプヤングジャンプ
《読切》「イン・ザ・グラウンドイン・ザ・グラウンド」竜丸

イン・ザ・グラウンド/竜丸のマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!読切 (集英社集英社 週刊ヤングジャンプ)


 
 
週刊少年チャンピオン週刊少年チャンピオン
《読切》「異国の姫のルプのソレ異国の姫のルプのソレ松本豊松本豊

異国の姫のルプのソレ/松本豊のマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!読切 (秋田書店 週刊少年チャンピオン)

《読切》「親孝行ラッパー親孝行ラッパーサササニサトシサササニサトシ
 
 
◇◇◇2019年11月13日(水)◇◇◇

【少年マガジン】
《読切》「立華先輩のラブコメ教室立華先輩のラブコメ教室板倉滉板倉滉

立華先輩のラブコメ教室/板倉滉のマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!読切 (講談社 週刊少年マガジン週刊少年マガジン)


 
 
MARMARVEL】×【少年ジャンプ+】SUPER COLLABORATION!!
《読切》「アントマン+アントマン+羽田豊隆羽田豊隆

アントマン+/羽田豊隆のマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!読切 (集英社 )


 
 
【その他】
《読切》「バットマン:キリングジョーク 完全版バットマン:キリングジョーク 完全版

バットマン:キリングジョーク 完全版/秋友克也秋友克也,アラン・ムーアアラン・ムーアのマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!1巻まで発売中。 (小学館集英社プロダクション小学館集英社プロダクション )

《読切》「山姫」紺野アキラ紺野アキラ

山姫/紺野アキラのマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!読切 (小学館 )


 
 
◇◇◇2019年11月12日(火)◇◇◇

イブニングイブニング
《新連載》「激辛課長激辛課長前田悠前田悠

激辛課長/前田悠のマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!新連載 (講談社 イブニング)

《読切》「抜刀」ザビエラー長谷川ザビエラー長谷川

抜刀/ザビエラー長谷川のマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!読切 (講談社 イブニング)


 
 
別冊少年チャンピオン別冊少年チャンピオン
《新連載》「クワトロバッテリークワトロバッテリー高嶋栄充高嶋栄充

クワトロバッテリー/高嶋栄充のマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!新連載 (秋田書店 別冊少年チャンピオン)

《読切》「おめざめ天使おめざめ天使森田将文森田将文

おめざめ天使/森田将文のマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!読切 (秋田書店 別冊少年チャンピオン)


 
 
月刊コミックビーム月刊コミックビーム
《読切》「ディアボリクディアボリク丸尾末広丸尾末広

ディアボリク/丸尾末広のマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!読切 (KADOKAWAKADOKAWA / エンターブレインエンターブレイン コミックビーム)

《読切》「よだかの星よだかの星宮沢賢治宮沢賢治/二星まゆ二星まゆ

よだかの星/宮沢賢治,二星まゆのマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!読切 (KADOKAWA / エンターブレイン コミックビーム)


 
 
ゲッサンゲッサン
《読切》「ホワイトクリスマスホワイトクリスマス桐島由紀桐島由紀

ホワイトクリスマス/桐島由紀のマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!読切 (小学館 ゲッサン)

《読切》「少女上京逃避行少女上京逃避行根尾ジウム根尾ジウム

少女上京逃避行/根尾ジウムのマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!読切 (小学館 ゲッサン)


 
 
◇◇◇2019年11月11日(月)◇◇◇

週刊少年ジャンプ週刊少年ジャンプ】読切
《読切》「誓約の紅誓約の紅かかずかずかかずかず

誓約の紅/かかずかずのマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!読切 (集英社 週刊少年ジャンプ)


 
 
ヤングマガジンヤングマガジン
《読切》「タピオカミルクティーを飲んでみよう。タピオカミルクティーを飲んでみよう。カレーとネコカレーとネコ

タピオカミルクティーを飲んでみよう。/カレーとネコのマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!読切 (講談社 週刊ヤングマガジン)


 
 
週刊ビッグコミックスピリッツビッグコミックスピリッツ
《新連載》「武士スタント逢坂くん!武士スタント逢坂くん!ヨコヤマノブオヨコヤマノブオ

武士スタント逢坂くん!/ヨコヤマノブオのマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!新連載 (小学館 ビッグコミックスピリッツ)


 
 
◇◇◇2019年11月8日(金)◇◇◇

ビッグコミックスペリオールビッグコミックスペリオール
《読切》「さよならも言えないさよならも言えない鍬形ゆり鍬形ゆり
 
 
週刊漫画TIMES週刊漫画TIMES
《新連載》「ブラック芸能事務所ですが何か?ブラック芸能事務所ですが何か?usiusi

《読切》「夜凪さんのよなよな餃子夜凪さんのよなよな餃子勘米良優助勘米良優助
 
 
◇◇◇2019年11月7日(木)◇◇◇

【ヤングジャンプ】
《新連載》「九龍ジェネリックロマンス九龍ジェネリックロマンス眉月じゅん眉月じゅん

《読切》「人人 ヒトリ人人 ヒトリ山口貴山口貴
 
 
【週刊少年チャンピオン】
《新連載》「かいじゅうたん、現るかいじゅうたん、現る中村たつおき中村たつおき

《読切》「異世界セールスマン世渡さん異世界セールスマン世渡さん吉谷光平吉谷光平
 
 
【good!アフタヌーン】
《新連載》「能力 主人公補正能力 主人公補正鬼頭莫宏鬼頭莫宏/当麻

《読切》「ルナティック・パレスルナティック・パレス」安居

《読切》「TWO MEETSTWO MEETS伊丹来伊丹来
 
 
◇◇◇2019年11月5日(火)◇◇◇

漫画アクション漫画アクション
《読切》「あいつは空色の車であいつは空色の車で山田はまち山田はまち
 
 
◇◇◇2019年11月2日(土)◇◇◇

【週刊少年ジャンプ】
《読切》「しろすぎ!アクノソシキしろすぎ!アクノソシキ畠山達也畠山達也
 
 
◇◇◇2019年11月1日(金)◇◇◇

漫画ゴラク漫画ゴラク
《新連載》「モンキーピークーThe RockーモンキーピークーThe Rockー志名坂高次志名坂高次/粂田晃宏粂田晃宏
 
 
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

このトピックについて
こちらでは、2019年4月以降にマンバに登録した新連載・読切マンガ作品を紹介しています。最新1カ月分が1コメント目に表示され、それ以前のものは2コメント目にまとまっています。

▼2019年4月〜10月分の新連載&読切まとめ

マンバに登録されている新連載&読切まとめ【2019年4月〜】《随時更新》 コメント全6件をみる **新連載&読切まとめ【2019年4月〜10月』** **◇◇◇10月31日(木)◇◇◇** 【ヤングジャンプ】 《読切... マンバさんのコメント


 
作品登録依頼
ここに記載のない作品や、マンバで検索しても出てこない作品など、「この作品登録してほしい〜〜!!」というのがあれば、リクエスト用のトピックにドシドシ書き込みお願いします!

[質問] 【目的の作品が見つからない方へ】作品の登録依頼はこちらへどうぞ 作品が見つからない場合、こちらのコメント欄に「作者名」と「作品タイトル」を書き込んでいただくと、スタッフがその情報をデータベースに登録します! マンバは基本的に電子書籍のデータを扱っている... 閲覧数9588 コメント...

きょう発売のマ...

少年誌や青年誌でよくある「主人公は周りからは無能な奴だとまわりから思われているが、特定のことに関してはプロ中のプロ」設定の漫画

浦沢直樹浦沢直樹MASTERキートンマスターキートン」、柳沢きみお柳沢きみお特命係長只野仁特命係長只野仁」、皆川亮二皆川亮二D-LIVE!!D-LIVE!!」、新田たつお新田たつお静かなるドン静かなるドン」などは有名で面白いがそれと並ぶいやそれ以上に面白いと思っているのがこの殺人と営利誘拐以外は何でも引き受けるという裏稼業のプロ「代打屋トーゴー代打屋トーゴー

依頼内容も「時限爆弾の解除」や「太陽を西から昇らせる」など色々あるが基本1話完結(たまに前編・後編や過去に登場した人物がでる)

全25巻と長期連載で長いので面白い回とそうでもない回もあったりするが個人的には初期のハードボイルドを全面に出している方が好き。あと23巻の「ほほえみの育て方」は何回読んでもいい

待ってました!オジロマコトオジロマコト先生の新連載、不眠症で悩む高校一年生の男女が主役です。
廃部になった天文部がかつて使っていた天文台を内緒で使っていた曲(まがり)さんと、偶然そのことを知ってしまった中見くん。なんと二人は「不眠症」という共通の悩みを持っていて。でも二人で一緒にいるとなぜかウトウト…な第一話。
同じ悩みと秘密を持つ同士の秘密基地青春ストーリー(になりそう)!

グランドジャンプグランドジャンプの新連載。いま六回目くらい?
いまのところ全てが面白い回なのがすごい。まさに今期ドラ1。最高に面白いけど、読んでる人いる?

その年のドラフトで選ばれた選手の中のNo.1、その選手をドラフトキングドラフトキングと呼ぶ。スカウトの腕の見せ所、それは下位指名選手。イチロー4位指名、岩隈5位指名、掛布6位指名…。数々の隠れた才能を見いだし、1位指名選手を超えるスター選手、ドラフトキングを生み出す!選手達の人生に寄り添い、原石を見つけ出す...

小説家・舞城王太郎舞城王太郎×漫画の新作!
ジャンプ+で注目の新連載の一つ。

バイオーグトリニティでもめちゃくちゃ絵がきれいな大暮維人大暮維人先生とタッグを組んでいましたが、今度は以前マガポケでかわいい女の子に思わせぶりなことをされる男子中学生の話を連載されていた百々瀬新百々瀬新先生。
この漫画がなんだかもう相手は女子中学生なのに妙に色っぽくて、読んでたらどぎまぎして体温上がってしまうんですよ。

前作『コイツ、俺のこと好きなのか?!コイツ、俺のこと好きなのか?!』一話→

今作の主人公は女子小学生の高学年なんですが、かわいいのにやはり妙に人間的な色気がある!
そこがなんだかとてもいいんですよね。

超潔癖症な女の子がいじめで目隠しされてゴミ屋敷に閉じ込められたら、地下に美しい少年が閉じ込められてて、帰ってきた家主はやばい奴で、さらに少年は殺し屋だった。

目の前で人を殺す少年。
鮮烈な出会い、清潔感のある美しい少年。
そう、それは恋。

潔癖症美少女と美少年殺し屋。
そこに一切のリアルさは無いが、なんか概念が美しかった。
そのまま掃除ついでに死体処理する美少女っていう話の続け方で、美少年も小学校に転入してきてこれはいよいよ面白くなっていきそうだなって感じです。
それにしてもやっぱり、絵がかわいいっていうのはとてもいいことですよね。

【掲載誌】
モーニングモーニング2017年30号(2017年6月22日発売)より連載開始

【代表作】
『湘南レスキュー部』 東元俊也東元俊也 名義
バウンスアウトバウンスアウト』 東元俊也 名義
バタフライバタフライ』 東元俊也 名義

【公式ページなど】
モアイ

1989年6月24日、北海道・音臼小学校で、児童含む21人が毒殺された。逮捕されたのは、村の警察官・佐野文吾。その息子・田村心は冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。 事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に閉じ込められ、気が付くと1989年1月にタイムスリップしていた。 ...

user_private
鍛冶町中学校

ヤンキー漫画の金字塔、初のスピンオフ!
喧嘩無敗の最強男!キレるとヤバくて女好き!
鈴蘭男子高校の怪物、花木九里虎がやってきた!

【著者】高橋ヒロシ高橋ヒロシ 鈴木リュータ鈴木リュータ
【掲載誌】週刊少年チャンピオン週刊少年チャンピオン
【連載期間】2019年No.7(2019年1月17日)より

【公式サイト】「秋田書店」

バキ道バキ道』『吸血鬼すぐ死ぬ吸血鬼すぐ死ぬ』は休載です。 【プロの漫画家になろう!漫画の原稿大募集!】 WEBから秋田書店のまんが賞に応募できます!https://akitashoten.jp 【原稿持ち込み大歓迎!】 ●必ず電話で予約してね! 03-3265-7361平日午前10時~1...

ヤンキー漫画の...

気に入った女の子を故意に自分の恋人達と一夜を共にさせ、性的に開けていく様を嬉々として観察するミステリアスな女。この普通じゃない女に惹かれていく女の子。不思議な設定だけど読んでいて違和感がないし、まったく下品じゃない。むしろこの世界観にどんどん飲まれていく。女同士でしか得られない快楽のムードなのかな?タイトルにもなってる短編は幼い頃に性的虐待を受けていた女性のお話。あまりにも辛い経験をしていると素直に泣きも怒りも出来ない。誰にも言えない誰にも言えない秘密みたいなことが漫画になってて感嘆しました。

今年の1月に亡くなった、マンガ原作者・狩撫麻礼狩撫麻礼氏の幻の作品たちが、KADOKAWAKADOKAWAから続々と単行本化されるそうだ。

3ツのお願い3ツのお願い カネコアツシカネコアツシ×狩撫麻礼

コミック「3ツのお願い3ツのお願い」カネコ アツシのあらすじ、最新情報をKADOKAWA公式サイトより。狩撫麻礼×カネコアツシ、漫画界のエッジ・コンビが放った幻の作品が、狩撫麻礼一周忌を機に、初の単行本化!

地球探査報告 ロンリネス地球探査報告 ロンリネス(上下巻) 仲能健児仲能健児×狩撫麻礼

コミック「地球探査報告 ロンリネス 上」仲能健児のあらすじ、最新情報をKADOKAWA公式サイトより。2018年1月に逝った狩撫麻礼が、「インドにて」の鬼才・仲能健児とのコンビで放った幻の長編作が、狩撫麻礼一周忌を機に、初の単行本化!

どちらも12月12日発売

 特段百合好きというわけではないのですが、これほど丁寧に繊細に時に緩急をつけて描かれた恋愛漫画が面白くないはずがないんですよね。ちゃんと女の子同士でないと成立しない関係性でありストーリーだと思うので、きっと良い百合漫画でもあるのだと思います(BLなんかでも、少女漫画を男キャラに置き換えただけにしか見えない作品ありますしね)
 燈子先輩(1巻表紙左の黒髪)が罪深い女で、コミュ力おばけというか人たらしの人気者人気者なんですが、そんな彼女でも意中の人の前では乙女になっちゃうのがまた可愛くてずるいですね。侑(右側の赤髪)がとても親しみやすい良い子なので、男女問わず楽しめる作品ではないかと。

中学時代、柔道部最後の大会。友人の早苗と二人だけの柔道部に所属している主人公の未知は、気持ちのいい『いっぽん』を取れないまま、暑い夏を終える。
高校に入り、もう柔道はやらないと決めていた主人公だが、そこで最後の試合の相手と再会する……

少女×柔道という面白い題材。ゆるい部活モノの雰囲気はなく、技の応酬の描写も本格的。その熱量は『あさひなぐあさひなぐ』を彷彿させる。画力も高く、キャラはほどよくデフォルメされていて可愛い。期待の新連載作品。

都市部から遠く離れ、山間に位置して外部との交流がほとんどない村っていう設定だけで、ご飯三杯いけるほど好きな設定。

絶対によそ者には厳しいに決まってるし、隠された因習なんて当たり前。
行動はすべて筒抜けだし、監視されているような気分になる、っていうか、たぶんたぶん常時監視されている。
隣近所が無関心な都会から来たのなら余計にそう感じるに違いない。
刺激のなかった村にとって、よそ者など絶好の噂の種だ。

さらに、この話では主人公が警官である。
外部の人間な上に、法律という明確なものさしを持っていて組織に属していて、村の中のヒエラルキーやルール、関係性とはまた違う部分での権力を持った明らかな異物だ。
偏見かもしれないが、こういった村は強烈な内と外の価値観を持っているので、内の人間が何かしでかしても村ぐるみで隠そうとする、らしい、ようなことを聞いたことがある。
警察も抱き込めるのであれば抱き込むし、それが難しければ嫌がらせ、村八分をするだろう。
本当かは分からないが、癒着が危ないので、こういった土地への警官は地元出身の人は絶対に派遣されないようになっていると聞いたことことがある。
さっきからずっとあやふやなのは、すべて又聞きか漫画で得た知識でソースを調べてないからだ。
調べたくない気持ちがあるのは、僕の中でこういった村の存在はファンタジーとして置いておきたい気持ちが少なからずあるから。
だって・・、詳しく知りすぎてないほうが妄想の余地があってワクワクして楽しいじゃない!

とまあ、こんな気持ちでとてもワクワクして期待して読むことになりそうで、さっそく一話目からすごくねっとりした感じの村人たちがたまらなく気味が悪くて最高だ。
絶対に何かを隠している。
なんだろう・・。
冒頭に出た「人食い」の話・・まさかねー。
でも、タイトル「ガンニバルガンニバル」って、あの「ハンニバル」から来てるよね絶対、「羊たちの沈黙」の食人趣味のある猟奇殺人鬼「ハンニバル・レクター」から。
そして癌か、銃か関係してるのか、また別のものか。

そういえば、人を食糧としたり害を成す存在の漫画って面白いものが多い。
特に最近に多いイメージなんだけど、
寄生獣寄生獣
進撃の巨人 attack on titan進撃の巨人
テラフォーマーズテラフォーマーズ
東京喰種トーキョーグール リマスター版東京喰種
約束のネバーランド約束のネバーランド
ファイアパンチファイアパンチ
ゾンビ系の漫画
などなど。
HUNTER×HUNTER カラー版ハンターハンター」もそうか。

さてさて、この漫画はどう展開していくのか、読むのが楽しみ!

旧作「ねじまきカギューねじまきカギュー」の主人公である葱沢鴨を思い出す「不幸体質」の女子高生、東雲花梨がギャンブルの多い地域にある高校に転校し、ギャンブル嫌いのギャンブラー教師が顧問を務める部活に入る話。
一話は完全に導入。ギャンブルモノの鉄板とも言える展開。ただハッタリの効かせ方はダンロンを彷彿させる楽しいもの。中山敦支中山敦支の絵柄がキャラの特徴をぐんと際立たせ、個性的な漫画に仕上がっている。
今後がめちゃくちゃ楽しみな新連載。

旧作「ねじまき...

user_private
片桐安十郎

本日東京ビッグサイトにてコミティアと海外漫画フェスタが行われてますが、皆さんは参加されますか?

参加されるようでしたら戦利品やどんなところに行ったかなどの詳細をお聞きしたいです!!

僕は今日初参加で行きます!!

ギャンブル好き暴虐オヤジが自殺した少年に転生して、少年の自殺の理由を探しながら自分自身の復讐もするというピカレスクピカレスクロマン麻雀漫画

2巻まで読んで充分に面白いので楽しく読んでいたが今回は「志名坂高次志名坂高次」の麻雀漫画によくある指をかける勝負はなさそうだなと考えていた。

ところが3巻を読んでる最中に指を伸ばしたポーズを見て「おっ もしかして」と思ったらやはり指を賭けていた。

自分が〝これは読んで欲しい〟という漫画を書く場所です。簡潔なあらすじもあるとgood。勿論なくてもok。
『これだけ』とはありますが、何冊でも教えてください! !
イチオシ作品を人に伝えて、最高の漫画を皆に知ってもらいましょう。質問するも良し、感想を書くも良し、誰かの紹介で気になった作品の購入報告をするも良し。自由に楽しく漫画を共有できればと思います‼︎