2014年9月9日発売
なぜ東堂院聖也16歳は彼女が出来ないのか?(8)
(編集担当より)3年という時間は何かを為すには短く、かと言って何もしないでいるには長いものです。ですが、3年あれば生まれたばかりの子供も自らの足で立ち、言葉を話しはじめます。これが16歳から18歳までの高校三年間なら……答えはここにありました。東堂院聖也、遂に最終巻です。
EAT-MAN COMPLETE EDITION(10)
すべてのものを喰らい尽くしたボルト。彼が次に喰らうもの、そして生み出すものとは…!?ついに「EAT-MAN」、必読の最終巻!最終第10巻には連載中に描かれた多数のイラストから54点を厳選した「EAT-MANARTWORKS」を特別収録。最終話「彼方へ」を含む全7話とイラスト集、どちらも必見の傑作SF!!
たけだけだけ-武田系限定-(3)
(編集担当より)天草の乱は如何なる結末を迎えるのか?そして、村正の謎とは……?謎が謎を呼び、血風と衣服が舞い乱れる!後日譚も収録の『たけだけだけ』最終巻、是非ご一読を!
あらいどき。(2)
「力尽きるまで洗い続けたい!」高校生、新井和時の正体は妖怪・小豆洗い。何でも洗って綺麗にしないと気が済まない!自分を狙う天使の聖美春すらも美しく洗い上げる。内容不明の部活動も開始し、吸血鬼も登場!!カオスな(珍)感覚妖怪コメディ!!
トータスデリバリー(2)
人類の技術や文化が失われ、多くの都市が廃墟と化した近未来。個人経営の宅配屋「トータスデリバリー」を営むタロに舞い込んだ、次なる依頼……。向かうは、難攻不落の巨大刑務所!持ち帰るのは、死刑囚!白の十年、ヘルメスケイン、ミノタウロス、タロの父親……。全てのピースが繋がる時、謎の美少女・イオの秘密が明らかに!
ボクの手塚治虫
平成元年2月9日。手塚治虫先生の訃報にふれ、衝撃を受ける矢口高雄。矢口にとって手塚マンガは特別なもので、田河水泡、阪本牙城、島田啓三など、多くのマンガに夢中になった少年時代だったが、その躍動感と描写力に衝撃を受け、その後の人生に大きな影響を与えたと言っても過言ではないのが手塚マンガだった…!!『釣りキチ三平』などで知られる矢口高雄が、いかにしてマンガの魅力に取り憑かれていったのか…そして、そんな少年時代を軸に手塚マンガの素晴らしさを描いた、自伝的エッセイマンガ!!
2014年9月9日