magazine

マンバ通信

『二つの「この世界の片隅に」』extra
『二つの「この世界の片隅に」』extra
柄闇市の帰りにいつの間にか帰り道がわからなくなってしまったすずは、遊郭の中に迷い込み、そこで初めてリンに出会う。初対面の二人は、原作のマンガ版で、ちょっと気になる会話を交わす。リン「あんたもよそ...
不穏さがページごとに満ちていく、押見修造『血の轍』
不穏さがページごとに満ちていく、押見修造『血の轍』
毎月何十冊と刊行される「1巻」の中から、「とにかくこれを読んでくれ!絶対損はさせない」というおすすめをピックアップするこのシリーズ。今回紹介するのは、押見修造「血の轍」。最初に言いますけど、この...
料理バトル漫画で先に皿を出した場合の勝率
料理バトル漫画で先に皿を出した場合の勝率
こんにちは。国府町怒児(こうまちぬんじ)です。料理バトル漫画で、まことしやかに語られている噂はご存知でしょうか。そう、「後攻で皿を出した料理人が勝つ」です。確かに、漫画の構造を考えれば、後攻が有...
不動産屋さんと読むマンガ。密林不動産 菅野弥生さんの場合
不動産屋さんと読むマンガ。密林不動産 菅野弥生さんの場合
写真 ただ(ゆかい)マンガって、さまざまなテーマやジャンルが無限にありますよね。自分とはあまり関係ないジャンルのものを読んでみると、これまで知ることのなかった世界のことがおもしろおかしく描かれて...
「ロッタレイン」、あるいは松本剛という作家のこと
「ロッタレイン」、あるいは松本剛という作家のこと
何年も連載しているのに1巻が出なかったマンガいきなり回り道してもいいですか。マンバ通信のスタッフに、「マンガ読みマン」と呼ばれている男がいるんですけども。文字通り、とにかくめちゃくちゃマンガを読...
東京での個展は初!「真造圭伍・トーキョー展」へ行こう
東京での個展は初!「真造圭伍・トーキョー展」へ行こう
こんにちは、マンバ通信編集部です。昨日予告した通り「編集部がぜひとも行ってほしいと思う原画展」第2弾。9月19日(火)から阿佐ヶ谷のスペース煌翔で開催予定の「真造圭伍・トーキョー展」のご紹介です...
高野ファン、昭和好きは必見『高野文子の描く昭和のこども原画展』
高野ファン、昭和好きは必見『高野文子の描く昭和のこども原画展』
こんにちは、マンバ通信編集部です。ここ最近、徐々に涼しくなって過ごしやすくなってきましたね。いわゆる秋というやつ。日差しもすこしやわらいできて、お出かけもおっくうじゃなくなってきた気がします。そ...
神聖ローマ帝国にサムライ見参! その名は『イサック』
神聖ローマ帝国にサムライ見参! その名は『イサック』
世の中にあまた溢れる新作マンガの「1巻」の中から、注目の作品を紹介するこのコーナー。今回紹介するのは「イサック」。原作は「勇午」の真刈信二、作画は「死がふたりを分かつまで」のDOUBLE-Sとい...
目をつぶるゲンの声
目をつぶるゲンの声
『はだしのゲン』で歌い語られるもののなかでも特に印象的なのが「壺坂霊験記」だ。ゲンが「ころは六月中のころ~~~夏とはいえど片いなか~~~」と唸る、あの曲である。(『はだしのゲン 』 中沢啓治より...
『天然コケッコー』の世界で肉はどれだけ貴重なのか
『天然コケッコー』の世界で肉はどれだけ貴重なのか
こんにちは。国府町怒児(こうまちぬんじ)です。皆さんは、天然コケッコーという作品はご存知でしょうか。天然コケッコーとは天然コケッコーは、『コーラス』で1994年から2000年にかけて連載された少...
『はだしのゲン』の歌
『はだしのゲン』の歌
歌の持っている時間の力はおそろしく強い。すでにこの「マンバ通信」の赤塚不二夫の回でも論じたように、マンガというメディアに、よく知られた曲の歌詞が書き込まれたとたん、それは音のない音楽の時間となっ...
マンガTシャツ数あれど抗い難く毎年買ってしまうTシャツの話
マンガTシャツ数あれど抗い難く毎年買ってしまうTシャツの話
こンにちわ、マンバ通信の伊藤ガビンです。夏じゃないです夏じゃないですかまだ夏じゃないですか。だけど雨多いじゃないですか梅雨終わってからの雨雨雨じゃないですか。洗濯物が乾かないじゃないですか乾燥機...
マンバ通信『この世界の片隅に』関連記事24本まとめ
マンバ通信『この世界の片隅に』関連記事24本まとめ
こんにちは、マンガを語りたい気持ちをブーストするサイト『マンバ通信』です。日本の8月は、広島・長崎の原爆や、終戦の日など、戦争について思いを巡らすことが多いですよね。マンバ通信では、アニメーショ...
月刊MdNが『マンガ雑誌をMdNがつくってみた』という特集でマンガ雑誌をつくったと聞いて[後編]
月刊MdNが『マンガ雑誌をMdNがつくってみた』という特集でマンガ雑誌をつくったと聞いて[後編]
この記事は、月刊MdNが『マンガ雑誌をMdNがつくってみた』という特集でマンガ雑誌をつくったと聞いてというニュース記事の後編になります。ニュースなのに後編っていったいなにが起こっているんだぜ……...
ドカベン31巻のすごさについて言いたくて……夏
ドカベン31巻のすごさについて言いたくて……夏
最初に結論を言いますね。「ドカベン」31巻は、「ドカベン」シリーズ史上最高の巻である。水島新司「ドカベン」31巻(少年チャンピオン・コミックス)自分と「ドカベン」との出会いは高校生のとき。古本市...
月刊MdNが『マンガ雑誌をMdNがつくってみた』という特集でマンガ雑誌をつくったと聞いて
月刊MdNが『マンガ雑誌をMdNがつくってみた』という特集でマンガ雑誌をつくったと聞いて
こんちは、マンバ通信の伊藤ガビンです。風も涼しくなり、過ごしやすい日が増えてきましたね(希望)。ここでニュースです。さてマンガファンのみなさんは、MdNという様子のおかしいデザイン系の雑誌がある...
今年の甲子園の副読本はコレだ、『青高チア部はかわいくない! 』だ
今年の甲子園の副読本はコレだ、『青高チア部はかわいくない! 』だ
こんばんにゃ。マンバ通信の伊藤ガビンです。単行本1巻をムキになって推すというこのコーナーなんですけども、今回わたしがムキになりたいのは、conixさんの『青高チア部はかわいくない! 』ですよ。高...
【1巻無料試し読みあり!】Yahoo!ブックストア共同企画『みんなの好きなマンガ』結果発表!
【1巻無料試し読みあり!】Yahoo!ブックストア共同企画『みんなの好きなマンガ』結果発表!
こんにちは、めちゃくちゃ元気なマンバ通信です。最近のマンバ通信、ほぼ毎日更新しててすごいですよね(ここ周りに聞こえるように声に出して読んでください)。お陰様で更新筋がムキムキになりました。今日は...
icon
最新の画像
これ、円広志に...
ジョジョ誕生か...
友人のすすめで...
twitter...
言動が可愛くな...
もうすぐ公開で...
icon
わかる
名無し
2018/06/19
あっ、さきほどコメントしたものなのですが 「女性はすぐ女性差別、不均衡を訴えてきて怖い」と思われて自粛されるのが一番怖いので… 男性が想定読者が設定されているならばそれはそれでよいので、そこに向けて先鋭してもらえればと思います。 出版社が最近よくやるなぞの検閲とか撤回が一番見ていて混乱します。 表現萎縮はさせないでください。応援してます。
ゲンバ担当 森
2018/06/20
貴重なご意見ありがとうございます! いただいた内容とても参考になります。 2話目以降は女子高生のカンナは、サービス紳士から何かを学び取ろうと頑張っていきますのでご期待ください。 ご配慮もありがとうございます! 差別やモラルに反することへの留意はもちろん必要ですが、表現を自粛するようなことは基本的にございません。より良い作品となるよう引き続き制作を続けてまいります!
名無し
2018/06/20
一話はもう清書されていて差し戻せないかと思うのですが… 「女子高生描きたい」ことによって それによって物語の意味に重大なノイズが入っていないか?ということを 確認してみてはいかがでしょうか。 (このままだと権威ある男性による未成年女子の搾取に見えてしまいかねない)。 ・サービス紳士は、 「サービスはタダではない」ことを、地位の低い労働者自身に突然説教している ・お金のないラーメン店に生まれてしまった生い立ちは、  女子高生にはどうしようもないことで  サービス紳士は、女子高生を働かせている店主(カンナの父親)に説教をしないと  漫画として意味が通じなくなってしまう ・あるいはカンナ自身がすでに起業しているラーメン屋の店主(経営者)になるか。 ・ただの「経営者による労働(サービス)搾取」という現行の労働問題の温存 であるかのように、1話の演出が悪い方に機能しています。 二話以降は労働搾取に見えないように軌道修正してはいかがでしょうか。 (でも・・・読者層がどこに想定されているかによります、  50代男性向けならこれでぜんぜん良いので、すみません。  でも男女かかわらず、若者に読ませるものを想定しているとしたら、このあたりを再考してみてください)