麻雀マンガに出てくる関西弁の奴の成績

明治時代に中国から持ち込まれ、昭和に大流行したゲーム、麻雀。
多くの人に親しまれたことで、今でも麻雀をモチーフにしたマンガが数多く連載されています。
そんな麻雀マンガをいくつも読んでいると、一定のパターンが見えてきます。
それが、「関西弁の奴、だいたいボロ負けして酷い目に遭っていないか」です。
最初は威勢よく連続で和了したり、トップを取ったりしているんです。
でも、後から化物格の打ち手と同卓... 続きはこちら 

記事の感想はコメント欄にどうぞ!

コメントする