『あれよ星屑』完結記念 山田参助さんインタビュー(後編)

今のマンガのフォーマットでは日本兵は描けない
──戦争のことについてうかがいたいのですが。このマンガ、最初は戦後のトボけたトーンが印象的なのですが、終盤かなりハードな戦中の内容になっていきます。これはもともとこういう構想だったのでしょうか?
二人が戦後すぐに出会うっていうものを作る時点で大陸モノになることは必至だと思っていました。マンガで日中戦争ってこれまであまり描かれてこなかったように思う... 続きはこちら 

記事の感想はコメント欄にどうぞ!

コメントする