焦れったいほどブサイクなヒロインを愛でよう──『薔薇のために』の巻

ブサイク女子がヒロインのマンガって、「そもそもそこまでブサイクじゃない!」とか「結局キレイになって終わるよね?」とか、そういう批判がなされがちだ。
確かにそういう作品もあるっちゃある。たとえば『はいからさんが通る』のヒロイン「紅緒」は不美人だという設定になっているけど、登場した瞬間からめちゃくちゃかわいい。
しかし、それを理由に「ちゃんとブサイクに描け!」と怒る気にはなれない。紅緒のチャーミ... 続きはこちら 

記事の感想はコメント欄にどうぞ!

コメントする
投稿者名
boards
話題に出たマンガ