目をつぶるゲンの声

一番下のコメントへ

はだしのゲンはだしのゲン』で歌い語られるもののなかでも特に印象的なのが「壺坂霊験記」だ。ゲンが「ころは六月中のころ~~~夏とはいえど片いなか~~~」と唸る、あの曲である。
(『はだしのゲン 』 中沢啓治中沢啓治より)
この「壺坂」は、ゲンと弟の進次の想い出の曲であり、『はだしのゲン』の物語の鍵となる曲でもあるのだが、マンガの中の「壺坂」を考える前に、「壺坂霊験記」をご存じない方のために少し解説を加えておこう。... 続きはこちら 

記事の感想はコメント欄にどうぞ!

コメントする

話題に出た作品