アニメーション版「この世界の片隅に」を捉え直す(10)爪

一番下のコメントへ

 爪のあるなしは、登場人物の印象を決定づける。たとえば、萩尾望都萩尾望都描く「ポーの一族ポーの一族」のエドガーやアランの指先に爪があったら、彼らの散らすバラは全く異なった意味を持っただろう。山岸涼子「日出処の天子日出処の天子」の厩戸皇子が爪を持っていたなら、その手先から発せられる霊性はまるきり失われてしまっただろう。逆に、岩本ナオ岩本ナオの「金の国 水の国金の国 水の国」から爪を取り去ってしまったら、サーラやナランバヤルの手先に宿るこの世との... 続きはこちら 

記事の感想はコメント欄にどうぞ!

コメントする