トリックを暴いたあげく犯人に感謝までされる金田一少年について

一番下のコメントへ

私は金田一少年になりたい。
大の大人がこんな場所で言うことではない。しかし『金田一少年の事件簿金田一少年の事件簿』を読みかえすたび、私は金田一少年になりたいと思ってしまう。とにかくこの男にあこがれる。本当にいい役回りだと思う。いくらなんでもおいしすぎると思う。
金田一少年とはどんなキャラクターなのか。まずはそれを説明しておいたほうがよさそうだ。
この男のベースにあるのは「不真面目さ」である。高校の授業をサボる... 続きはこちら 

記事の感想はコメント欄にどうぞ!

コメントする