焔色のまんだら

焔色のまんだら

天正十年(1582)六月、織田信長が横死── 戦国の世を驚愕させた大事件の裏で、己の新たな道を見いだした一人の男がいた。男の名は長谷川等伯。能登の仏画師だった彼は、一念発起して京に上ったものの、当寺最高峰の絵師・狩野永徳から弟子入りを断られ挫折…… うだつの上がらない日々を送っていた。しかし「本能寺の変」の際、燃え落ちる安土城の中に決死の覚悟で潜り込み、永徳の最高傑作である絵の数々を目の当たりにした等伯は衝撃を受け、改めて絵師としての高みを目指すことを決意したのであった。挫折と栄光、そして喪失…… 男がその先に見た風景とは──
戦国機甲伝 クニトリ

戦国機甲伝 クニトリ

“武将”と呼ばれる戦闘用の人型機械を操り、各地で大名たちが争っていた戦国時代。しかし、この乱世に疑問を抱く一人の人物がいた。その名は、織田信長。「この戦は誰が始めたのか」羽柴秀吉や徳川家康を率い、戦を通じて「世の理」に挑む、信長の新たな“クニトリ”がここに開幕!!
カラスヤサトシの戦国散歩

カラスヤサトシの戦国散歩

カラスヤテイスト全開の戦国タイムスリップ漫画!! 川中島や桶狭間の合戦場・堺の港を歩いたり、北条攻め・清洲会議・長崎出島・大仏建造…歴史上のあの場面この場面、有名な「時」を作者自身が体験しちゃいます!!