ふんわり紳士の華麗なる躾
「私の家で働かないか?」親切に申し出てくれた紳士・九条の言われるがまま、行き場所を失った中村志乃は九条氏の屋敷にて契約書を交わす―「私との夜の相手も入っているんだよ」との言葉に衝撃を受けるも(さっき交わした契約書…【家性婦】って…あれ本気だったの!?)優しい紳士のふんわり笑顔にほだされながら、夜のお世話まで!? 優しく身体を暴かれて、快感を導かれ…こんなの恥ずかしいのにッ気持ちいい! 「ああ、やばい契約結んじゃった…」