日本一猫きっちょむと仲間たち

日本一猫きっちょむと仲間たち

動物と仲よし日本一のきっちょむ! 中条夫妻とくらす動物たちはネコ6匹をはじめ、ハスキー犬、アライグマ、フェレット、モモンガ… 13種類、20匹! 夫妻と19匹をしつけ、平和をたもつ、奇跡の猫きっちょむのかわいいエピソードがいっぱいのコミックス!
Mama don’t cry

Mama don’t cry

パートをクビになったくせに男友だち(ソイツもビンボーな脚本家)と飲んだくれる母を見て娘マミ(10歳)は思った。この人は本当にダメだ…。だから小学生にして彼女は決心した。「ママ、再婚して(まともな人と)。あたしたちの幸せのために」 …かくして、母娘の涙と笑いの幸せ探しの日々が始まった。
お義兄さまと嫁

お義兄さまと嫁

夫の兄は、女よりも女らしい売れっ子のメイクアップ・アーティスト。十人並みの平々凡々とした義妹がお気に召さないご様子で、あれこれチョッカイを出してくる。「こんなみすぼらしい女が弟の嫁だなんて許せない」だって。でも彼女の、いや彼の本心は…。
乱れ咲きNight

乱れ咲きNight

夫が海外出張で留守なのに初対面の義弟が尋ねてきた。目的は、お金。電話の向こうで夫は「追い返せ」と言うが、根は悪くないみたいだし、あっという間に近所の人と打ち解ける陽気で明るい人柄も一緒にいて楽しいし… ついつい銀行から百万円を引き出してしまった…。さてさて、急接近していく二人は…。優等生主婦の傑作ハイテンション・コメディー!
断罪

断罪

母親に置き去りにされた幼い娘を預かることにした私。棄てられてもなお母を想い慕う娘だが、少女を待っていたのは悲しくて惨い運命だった――。虐待をテーマに描いた表題作の他、「茨の檻」「罪と罰」の全3作品を収録。
セメタリー

セメタリー

7歳の息子を不慮の事故で亡くし、悲しみにうちひしがれる明穂の脳裏に幼い頃の祖母の言葉が甦る。「村の離れに古いお墓があるだろう。 …あそこに埋めると死んだ者がよみがえるようになってしまってな…」それが作り話であろうと、試さずにはいられない…。明穂は息子の遺体を車に乗せ、伝説のセメタリーを目指すのであった。同時収録/夏の終わりに
Doors

Doors

偶然見かけてしまった隣家の奥さんの浮気現場。ダンナさんは学校の先生だ。大事になる前に浮気を止めさせたほうが良いと思って、忠告をしたのだが…。事態は思わぬ方向に展開してしまい…。同時収録/ごらん、あれが月の船、結婚詐欺師に口づけを
おかえり、ただいま。

おかえり、ただいま。

母の危篤の知らせを受けて10年ぶりに帰った実家。そこで出迎えてくれたのは20年前に亡くなった姉。唖然とする妹とは対照的に当時の少女のままの姿で無邪気に再会を喜ぶ姉。「まさかお姉ちゃん、お母さんを迎えにきたんじゃ…」姉の死で止まったしまった家族の時間がやっと動き出す…。ハートフル幽霊ストーリー。
つるとかめ

つるとかめ

エリート街道まっしぐらの俺様の会社のデスクに現れた赤ちゃんの霊、つるとかめ。他の人には見えないらしいが、空中を飛び回り、商談相手の頭にウンコをたらし、おしりにカンチョーとやりたい放題… のせいで俺様はプロジェクトから外された…。こいつら、いったい何が目的?
マダムと白い風船

マダムと白い風船

頭についた風船が大きくなれば天に召され、破裂すれば生き返る。交通事故で意識不明の結花は、そんな風船つきの状態に。愛する人が強く願ってくれれば、目を覚ますことができるのだが…。ホスト遊び三昧、子作り拒否等々、最低の妻だった結花に夫は「一生寝てろ」と言い捨て、自分は愛人とラブラブ状態。今さらながら後悔する結花は生き返れるのか? どうしょーもない夫婦に明るい明日は来るのだろうか? 笑いながらも、人の絆の大切さをしんみりと感じさせてくれる珠玉作。
ひずんだ夜に

ひずんだ夜に

不倫相手の奥さんになじられ、落ち込む滝子。が、その奥さんは滝子と別れた直後に階段から落ちて救急車に。不倫相手である上司も交差点でトラックにあわや追突寸前。さらに意地悪な先輩社員が…。次々と起こる滝子の周囲での不可解な事故。偶然か、故意か? 陰から彼女を見つめる不気味な視線の正体は…。同時収録/出遅れたシナリオ、待合室の女
消えていた街燈

消えていた街燈

近所で頻発する飼い犬殺し。家庭内で起こった盗難。荒れる隣家の浪人中の息子。犯罪はいたるところに潜んでいる…。闇に蠢く悪意を描いたクライム・サスペンス! 同時収録/白い壁
子供に聞くなよ!

子供に聞くなよ!

「パパとママ、どっちの味方?」なんて大人の都合で言われたって困るから、「ばーか、そんなこと子供に聞くなよ!」って言うしかないよ。少年少女の頃、大人社会との衝突にイラついた思い出のある全ての人に、このハートウォームな作品を捧げます。同時収録/花火、心の音を聞いて
GARDEN

GARDEN

不在がちの父。ガーデニングに精を出す母。幼い頃の記憶が、庭から掘り起こされた錆びた鋏、鎌、切り裂かれた背広とリンクする。亡き母が庭に埋めていたのは、やはり…!? 母への疑惑と意外な結末、せつない女心が読む者の胸に突き刺さるサスペンス・ロマンの傑作。
泥の花

泥の花

高校生の娘が暴行されて殺された。仲良く幸せに暮らしていた母子家庭を襲った突然の悲劇。犯人はいわゆる「少年A」。一人残された母は悲しみ、苦しみ、怒り、憎しみが入り混じった泥のような感情の中で苦しみもがく。そして、その苦悩の果てに彼女が見つけたのは…。
約束ののち

約束ののち

自らの死期を悟った病弱な妻との約束。「娘に母親は必要だから再婚はしてね。ただし…」その約束が守られなかった時に、夫は恐ろしい女の本性を知る事になる。小泉八雲の「破約」を現代に甦らせた秀作。ラストは必見!
禁断の果実

禁断の果実

「僕は君の担任だ。なんでも相談にのる」「なんでも? わたしが義理の父から性的暴行を受けてる… と言っても?」彼女を救いたいという新米高校教師の熱い思い。しかし、彼の心の奥で抑えきれない別の感情がふくらんでいった…。
薔薇恐怖症

薔薇恐怖症

彼はなぜ薔薇の花を嫌うのか? そこには想像を超えた忌まわしい過去が…。薔薇が彩る少年達の愛情と悲劇のサスペンス&ホラー! ――優月の前に現われた怖いほどに美しい転校生、忍。その姿は写真でしか見たことのない亡き母にそっくりだった…。そして、優月はだんだんと彼に惹かれていく。彼と自分を結びつける恐ろしい因縁を知らないまま…。
ラバーズ・コンチェルト

ラバーズ・コンチェルト

ヴァイオリニストとして羽ばたくチャンスを目の前にして突然届いた両親の訃報。久しぶりに帰った実家で再会した異父妹、まだ幼い弟…。残された者たちの心の中にある悲しみと悔恨、そして嫉妬…。ばらばらだった3人をつなぎとめたのは…。感動の家族再生ストーリー。
ママの勲章

ママの勲章

「授業参観が楽しみ!」若くてキレイなママは娘の自慢だった。しかし、授業の親子調理実習中に娘をかばって天ぷら油を浴びたママの顔と体には醜い火傷跡が残ってしまった。そして、その時から状況は一変した。「気味悪い…」と化け物を見るような視線を彼女に向ける夫、姑…。だんだんと追い詰められていく彼女を救ったのは…。
真夜中の鼓動

真夜中の鼓動

残業していた課長の牧村に、由紀が何気なく声をかけたことから始まった。食事に誘われ行った場所は、予約困難な有名レストラン。不思議に思っているとその日は牧村の結婚記念日で、予約していたが奥さんにドタキャンされたことを知る。それを機にいけないことだと思いつつもまた2人で食事に行ってしまう…。そしてとうとう結婚話を持ち出され――。その他2本を収録したミステリー傑作集。
陽のあたる場所

陽のあたる場所

愛する人を亡くした伯爵家の跡取り篠宮隆一郎。自らの命を絶とうとしたとき、金髪碧眼の少年に救われる。それから数年、隆一郎は少年を探し続け、やっと見つけ出す。しかし、再会を果たした少年の髪は黒髪碧眼で当時の姿とは違っていたが、ヤケドの痕と変わらない碧い瞳で自分を救ってくれた“天使”だと確信する。少年は孤児院で、他と違う外見に傷つき、怯えながら暮らしていた。彼を引き取った隆一郎だが、少年への慈愛がいつしか愛に変わっていき…。