水晶の音
3歳のときに脳性麻痺と診断された式町水晶(しきまちみずき)さん。その誕生からヴァイオリニストを目指す決意をする5歳までを、式町さんの大ファンである漫画家・斉藤倫が取材、母の啓子さん視点で描くドキュメント漫画です。脳性麻痺(小脳低形成)と診断された式町さんがリハビリの一環でヴァイオリンに出会い、すくすくと才能を伸ばし、ヴァイオリニストになりたいと宣言するまでを描いています。