にげまどうし―みんなみんな、にげたがり

にげまどうし―みんなみんな、にげたがり

テーマは「逃避」。完全描き下ろし短編集。 仕事はクビ。恋人にはフラれる。道端のハトでさえ俺を馬鹿にした目で見やがる…人生に行き詰まりを感じている主人公・住木はある日、ネットで奇妙な噂を目にする。 「にげまどうし」――居場所のない人の元へ現れ、“どこでもない場所”へ逃がしてくれる存在。住木はいつしか、にげまどうしに救いを求めるようになっていき……(第1話) 現代の神隠し=にげまどうしとの出会いを通し、「逃げる」という選択肢を提示された人々それぞれが抗い、または受け入れ、自ら人生と奮闘する様を著者独特の“後ろ向きの前 向きさ”で描きだす。4編収録。
icon_book
試し読み
超!まことちゃん

超!まことちゃん

▼第1話/ビチグソビデオ▼第2話/温泉旅館▼第3話/まことちゃんのデンワだよ▼第4話/キョンシーあっちむけピョン▼第5話/大笑いビーチ▼第6話/カレーでヒ~~~▼第7話/美香ねいちんの予定日記▼第8話/まことのせんどうさん▼第9話/ぼくちゃんの預金通帳▼第10話/花子先生のナゾ▼第11話/イボイボうつれ▼第12話/フシギの人(前編)▼第13話/フシギの人(後編)▼第14話/恐怖の水せんトイレ▼第15話/ママリンの同窓会▼私のUMEZZ体験(祖父江慎) ●あらすじ/沢田家で「グランプリ大賞をとった人が、その年の主人公に選ばれる」というホームビデオコンテストを開催することになり、家族順番でカメラを回して撮影していくことに。ようやく最後に自分の番がきたものの、何を撮ればいいのか分からないまことは、公園にあったビチグソに狙いを定めるが…(第1話)。●本巻の特徴/’70年代に一世風靡した伝説的ギャグの続編にして、1988年から「少年サンデー」で連載された“平成版”まことちゃんが、21世紀に堂々復活! 聖秀幼稚園うめ組・沢田まことが繰り出す超絶ギャグの数々に、ビチグソ級の衝撃必至!! グワシッ!!
ビューティフルピープル・パーフェクトワールド

ビューティフルピープル・パーフェクトワールド

美容整形なんか当たり前…!? 美容整形の技術が発達し、誰もが美しさと見た目の若さを簡単に手に入れることが出来るようになった、近未来の日本。あえて素の姿で踏みとどまる者、憧れの存在と同じ姿になる者、愛する人の望む姿を選ぶ者、生きた証を残すため、躊躇なくその見た目を変えてゆく者……。美醜が全ての基準となる世界の中で、少しだけはみ出してしまった者たちを描いた、連作短編集。
サルでも描けるまんが教室 サルまん 21世紀愛蔵版

サルでも描けるまんが教室 サルまん 21世紀愛蔵版

▼第6章~付録(デッサンの勉強/いろいろな構図/まんが家七つ道具/サブリミナル・トーンの作り方/まんが家を志す貴方のための良書百選のうち十冊/決定版(1)ストーリーまんが年間アイディア集/決定版(2)すぐ役立つ著作権フリー・イラスト集/ウケるまんが評論の描き方)▼あとがき▼新装版特別緊急寄稿[消えたマンガ家]ほか▼21世紀愛蔵版[上巻付録](サルでもバンドやろうぜ/サルでも描けるまんが教室 外伝・タイアップ漫画の描き方/イヤ~ン★Hの助!! /小宮政志/サルでも描ける朝日のようにさわやかに/上野顕太郎)▼まんがなんでもQ&A(まんが家の利点/人間に不可能なポーズを描く時は/下ネタはいけないか/絵が描けなくともまんが家になれるか/努力、友情、勝利の応用/まんが家の適性とは/セリフは簡素に/まんが時間について/真に独創的な作品は描けるのか)●主な登場人物/相原(まんがで日本を征服する!という野望を持つ“憂漫の士”)、竹熊(相原と同じ野望を持つ、まんが原作者)●本巻の特徴/竹熊健太郎22歳、相原弘治19歳。まんが家デビュー→全出版社で連載→ことごとくアンケート1位→単行本化→アニメ化→キャラクター商品化→巨万の富を築く→衆院選に出馬→首相就任→まんがとアニメで全日本人を洗脳・支配… という野望を持つ若き“憂漫の士”たちが、自らまんがを描きつつ実践的方法論をレクチャー。これさえ読めば、サルでもまんがが描ける!?
SARU

SARU

●主な登場人物/奈々(フランス留学中の日本人学生。自分でも気付かぬうちに黒魔術にかけられていた)、ナワン・ナムギャル(プータン出身の僧侶で、伝統ダンスの名人。奈々が黒魔術にかけられていることを一目で見抜く)、イレーヌ・ベアール(自らを孫悟空と名乗る謎の少女。キリスト教会より“悪魔”の可能性があると認定される)、カンディド・アマンティーニ(バチカンの公式エクソシスト) ●あらすじ/自身にかけられた黒魔術をきっかけに、謎の若人・ナムギャルと知り合った奈々は、彼とともに世界各地に痕跡を残す“猿”の正体を追うことに。その過程で、自らを“孫悟空”だと名乗る少女と出会い…? ●本巻の特徴/いにしえより世界各地にその姿を現し、畏れられてきたモノ“猿”。そして現代、人類はその存亡を懸けて、“猿”と対峙することになる! 古今東西の神話・伝承などを網羅しつつ、誰も見たことのない世界を現出する、五十嵐大介渾身の単行本描きおろし作品!!
セックスなんか興味ない

セックスなんか興味ない

▼第1話/みにゃこの、お皿▼第2話/黒沢君の、カサ▼第3話/はんなちゃんの、お花▼第4話/桃さんの、お見合い▼第5話/えっちゃんの、似顔絵▼第6話/タッチンの、ナンバー▼第7話/志乃ちゃんの、決心(前編)▼第8話/志乃ちゃんの、決心(後編)▼恋愛人形 ●あらすじ/10日前に別れたばかりの“ひろタン”と“みにゃこ”。別れを切り出したのはひろタンで、突然の話に納得できないみにゃこは、しばらくは付き合い直そうと頻繁に連絡する。だが、気持ちに整理の突いたみにゃこが「好きな人ができたから連絡しないでください」とメールを送ると、今度はそれに納得できないひろタンが、みにゃこの部屋にやってきて…? (第1話) ●本巻の特徴/ふたりを繋ぐ、ふたりのための“セックス”。それは人を幸せにも不幸せにもさせる特別な行為…。様々な背景を持つ人物たちが、様々な関係性のなか行われる“セックス”を描くショートストーリー連作、待望の第1集!!
新・鉄子の旅

新・鉄子の旅

▼第1話/初めての「鉄子の旅」▼第2話/初めての全駅下車▼第3話/初めての130円大回り▼第4話/初めての廃線▼第5話/初めてのデートコース▼第6話/初めての代理案内人▼第7話/初めての1万駅下車達成 ●主な登場人物/ほあしかのこ(福岡でマンガ家を目指していた学生。突然“鉄子の旅”の2代目マンガ家に抜擢)、横見浩彦(トラベルライター。全国全9843駅(当時)下車を達成した究極の鉄道好き“テツ”)、村井美樹(女優。旅に興味があり、横見さんとの縁もあることからレギュラーメンバーに)、カミムラ(“新・鉄子の旅”の担当編集者。前作から引き続き、旅に毎回同行)、編集長(月刊IKKI編集長。前作でテツということがばれ、今作からレギュラーメンバーとして同行) ●あらすじ/マンガ家を目指して福岡で専門学校に通いつつ、原稿の持ち込みを繰り返していた、ほあしかのこ・19歳。友達や家族とのほほんと楽しく暮らしていたが、IKKI編集部からの一本の電話で状況は一変。旅エッセイマンガでデビューすることが決定した。企画内容もよく理解しないまま、旅の案内人・横見浩彦、女優・村井美樹、編集長、担当編集カミムラと、久留里線全駅下車の旅に出発して…(第1話)。 ●本巻の特徴/前作終了から2年半――― 実録・鉄道旅マンガ、新展開!! 10代女子マンガ家が、究極の鉄道好きに日本全国連れ回される! 大好評を博した『鉄子の旅』の続編シリーズが、ついに単行本化!!
はじまりの竜とおわりの龍

はじまりの竜とおわりの龍

竜と共に生き、龍と共に死んでゆく―― 月刊IKKI最後にして 最大級の新星が圧倒的な筆致で描き出す、ハイファンタジー 読み切りシリーズ、ついに単行本化。大水の後、腹を空かせてさまよう女。行き場を失った男。そして、子を探す老人。やがて女の胎に宿った命、それは。(「竜と三人」)。龍を育ててきた里。しかし、その力を恐れた権力者らが里に襲いかかる。龍と命を結びつけている竜使い達は…。(「鳥来る」)。雨の降らぬ村。飢えと貧しさに苦しむその地に「雨ふらせ」を名乗る男が現れた。しかし、村には不可侵の秘密があり…。(「雨ふらせ」)。月刊IKKIおよびビッグコミックスピリッツ増刊[ヒバナ]に 掲載された上記三作品に、単行本描き下ろしとなる「竜公」を 加えた全四作品を収録。
916~野本明照作品集~

916~野本明照作品集~

公園で娘と平和な時間を過ごしていた男。しかし、そんな彼に突然スパイ疑惑が降り掛かかった。公園のトイレで拷問を受ける男… その運命は!? (Z916 タンピコへ)。校長の独断により、一年生は全員運動部への参加が強制されることになった高校。「ラクそうだから」で選んだ野球部だったが、練習試合で高校生離れした豪腕投手と対決するハメに…? (LEFT.)。引退を決意した老いぼれの殺し屋。頼まれた仕事を完璧にこなす一方で、自身の人生は正しかったのかと自問を繰り返す。そんな彼の末路は…? (蠅の王)。歩くたびに足からポコポコ音がするフシギな少年。己の人生に絶望し、お菓子背負って放浪の旅に出発…! (少年ポコポコ)。怠惰な日々。最低な友人。もちかけられた、最悪の強盗計画。「ああ、死んでくれねえかな、コイツ」(SUGARLESS)。公園に潜むクマ男と、遊び相手を求めて公園へとやってきた少女。そぼ降る雪の中で育まれた、二人の束の間の交流の果てに…? (ユキクマ)。
白い本の物語

白い本の物語

愛書家であった父を亡くした少年・リュカは、パリの街でショーウィンドウに飾られた美しい本を見つけた。そこで出会った本の装飾家、ステファン・ボッシュに連れられ、製本家、ステファン・ルイの待つアトリエへと足を踏み入れる。父が愛し、ふたりのステファンが生きる、製本と職人の世界にすっかり魅せられたリュカは、彼らの工房に通い始める。自分の居場所を求めて―― 2011年にIKKICOMIXrareシリーズとしてスマッシュヒットを飛ばした表題作に、描き下ろしの新エピソード34ページ分を追加し、新装版として復刊。少年・リュカとふたりのステファンにまた会える。
東京アサイラム

東京アサイラム

▼第1話/家はあれども帰るを得ず ▼第2話/押し入れのむこう ▼第3話/隣の女 ▼第4話/ランちゃん ▼第5話/食うか食われるか ▼第6話/遭難者たち ▼第7話/ケムリの秘密 ▼第8話/ゆれる ▼第9話/天井の下、空の下 ▼第8.5話(オマケマンガ)/その時その人は ●主な登場人物/朝井(定年退職後、妻とうまくいかずに家を飛び出す。公園で出会った謎の男から、怪しい仕事と3畳一間のボロアパート暮らしを手に入れる) ●あらすじ/定年退職した朝井は、やることもなくゴロゴロしたり散歩したりする日々。妻から煙たがられ、イライラが募った朝井は、ある日勢いで家出を決行。でもポケットに入っていたのは40円だけ。あてもなく遠くの公園まで歩き、ベンチでため息をついていると、怪しい男が仕事と住む場所を紹介すると声をかけてきて…? (第1話) ●本巻の特徴/定年退職後、人生にぽっかり穴が開いてしまった男が転がり込んだのは、3畳一間のボロアパート。そのアパートで出会ったのは、マンガ家志望の男、日本の壊滅を願う男、そしてワケありな女。何もないアパート、何もすることがない夜、3畳に寝ころぶ男は何を思う…?
とても透明でやさしいしあわせ

とても透明でやさしいしあわせ

●収録作品:「誰かのための自殺をしよう」=イキマン受賞の衝撃作。人生を終わらせる決意をした男が、世のため、自分のために、もの凄く色々考えた! 結果…!? 「もりびと」=森の中で出会った人とは、口をきいてはいけないよ。昔からの、母からの言いつけを守らなかった幼い少年が出会ったのは、とても可愛くて儚い女の子。「雨と風の物語」=その水滴は、あの山の向こう側へ行きたかった。たとえどんなに止められても。「しぬまで」=傷ついた少年は傷ついた少女と「死」を願う。そして、それまでにするべきことを、たくさんたくさん考えた。
とんがりタナトス

とんがりタナトス

千葉から片田舎に引っ越してきた主人公・モロハ。周りと馴染めずに、恋も青春の謳歌も諦めようとしていた… ところに 突如、頭にできたコブ“タナトス”。好意を寄せている隣の席の女子は、その地方のお姫様的存在。姫様を守る憂国の志士や、よそ者を嫌う不良たちなど邪魔者は大勢いるは、その娘を諦めようとしたらコブは大きくなるは、そもそもコブがあったら告白なんかできないはで、八方ふさがりのモロハ… でもいくっきゃないっ!! 田舎の伝統も頭のコブも、恋の前ではたいした障害では無い… のかっ!?
ツノウサギ

ツノウサギ

テレビの中のヒーローに憧れ、毎日、ヒーローごっこにあけくれているウサギのジャッカ。でも、彼にはひとつだけみんなと違うところが…。それは、彼の頭に生えた、カブト虫のような大きなツノ。ある日、彼の住む街にかつてない巨大な竜巻が近づいていることが判明。いくつかの事件を経て意気消沈していたジャッカだったが、友人や街の住民たちの危機を前にして…!? 第62回新人コミック大賞出身の鬼才による、ネオ・ヒロイック・ファンタジー!
入り勝ち

入り勝ち

「自分の部屋がほしい」と願う田舎のJC・せいら。もうDIYするっきゃないと訪れた古民家で待っていたのは………天狗? 愛聴するは昭和歌謡!? スカジャンを着こなしカセットテープを聴くやけに現代的な、いや、懐古主義的な? 天狗を騙る妙な男との出会いで、せいらは古民家に眠る秘密に迫っていく。表題作「入り勝ち」ほか、河童×若妻、ハーピー×妹、森に帰りたい森ガール×元カレ…etc ひとクセもふたクセもある女の子と人外を満載した、著者初の作品集。デビュー作含む全7編を収録した、目出度い愛でたい一冊です。<収録作>「盗人の花嫁」「スプーン、森へ帰る」「ハーピア」「くだん」「デス山ヘル子」「ハイ/レッド/センター」「入り勝ち」*巻末に、著者自身によるライナーノーツ的あとがき付き!
路地裏第一区 ―ムライ作品集―

路地裏第一区 ―ムライ作品集―

居場所を見失い、路地裏に迷い込んだ少年。そこには、見た事のない世界が広がっていた。不思議な住民達に誘われるように、奥へ奥へと進む少年… その先で彼を誘惑するのは? 月刊IKKI新人賞・イキマンから、鳥や蝶、昆虫、植物などを緻密なタッチで描きつつ、叙情的な物語を紡いでゆく新たな才能が登場。イキマン受賞作や同人誌掲載作品、未発表作品を一挙収録した、著者初の作品集。『土星マンション』の岩岡ヒサエ氏推薦!
ぼくはツアコン

ぼくはツアコン

生き別れになったお母さんを捜すため、ツアコンとなった下丸子ハト丸くん。4歳。自分がツアーコンダクターをしていたら、いつかツアーで偶然お母さんに会えるのではないか… と思い、後輩のキンヤや、同僚のシマリちゃんとともに、今日もバスに乗る。時には幸せそうな親子連れに嫉妬しながら、時には乗っているバスがバスジャックに遭いながら、時にはバスの中がう●こ臭くなりながら… それでも懸命にお母さんを捜す!! ジュブナイル・バス・ギャグマンガ!!
ヘンシン

ヘンシン

田舎から出てきた女の子。姿の見えない猫。フシギな力を持った少年。長年の友情。真冬に思い出す、真夏の記憶。僕を誘う、真夜中の踊り子――東京のどこかで起きている、小さな出来事。でも、たいせつな出来事。たいせつな人。たいせつな言葉。たいせつな思い出。そんな宝石みたいなモノをひとつひとつ丁寧に作品に仕立て上げた短編集。
水曜日

水曜日

オシャレで明るくて男子とも気軽に話せる女子高生… そんな夢は、高校デビュー失敗で脆くも崩れ去った! 地味女子街道をまっしぐら、自意識過剰とムダな性知識にさいなまれつつ、女子高生・鳩は今日もゆく! (←学校に)『マスタード・チョコレート』で第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞した気鋭の著者によるエッセイ風コミック、多くの声に応えて待望の復刊!
プラスチック・サージェリー

プラスチック・サージェリー

同棲生活も長く、倦怠ムード漂う博史と有希子。それを打破するためにもある日、美容整形へ行った有希子。そこでホクロをレーザーで除去するはずが… なぜかホクロからレーザーが出るように手術されてしまう。有希子が泣き叫ぶたびに発射されるレーザーにより、街は壊滅状態。彼女を捕らえるべく集まってくる地元警察、機動隊、そして特殊部隊。その時、博史は…!?
行徳駅下車~菊池直恵初期作品集~

行徳駅下車~菊池直恵初期作品集~

『鉄子の旅』でブレイクを果たした「初代鉄子」こと、菊池直恵が描く、“鉄子以前”の短編集!! 瑞々しいデビュー作『ポチ』から、表題作となった凹凸相互乗り入れホームコメディー(?)『行徳駅下車』、青春の眩しさと切なさを描いた秀作『杏日和』、初のホラーミステリー挑戦の意欲作『冬の一番寒い日』まで、温かさと冷静さを併せ持つ菊池漫画の原点が垣間見える一冊となった!! 作家直筆の前書き(言い訳?)及び、各作品への解説など、作家のサービス精神も随所に観られて楽しさ太鼓判!! ――あなたが『鉄子の旅』を読んで私のことを知ってくれたのなら、まずツッコんだことでしょう。「『行徳駅下車』!? 『鉄子』で散々鉄道にキョーミないって言ってたのに、その前から鉄道マンガ描いてんじゃん、キクチ!!」と(笑)。言い訳をさせてもらうと、車のなかった菊池家で、鉄道は移動手段として当たり前に利用するなじみのものでした。ですから私も、キャラが遠くへ移動する、などの場面では自然と駅や電車が浮かびます。さらに、それが出会いや別れが絵になる場所となれば――(前書きより抜粋)
クルミくん NO FUTURE

クルミくん NO FUTURE

穏やかな毎日を過ごしている青年、伊丹来未(イタミクルミ)。しかし彼には重大な秘密があった。それは、あたまにおかしな双葉が生えていること。そして… 射精すると未来予知が出来ること! 脱走してきた研究施設の刺客から逃れるため、そして恋する栗ちゃんを守るため、クルミくんは今日も出す! ティッシュに! なんか… あれを!