デスゲーム風のコントをコミカライズした漫画 #読切応援
user_private
名無し
7ヶ月前
ヤングキングに掲載された企画、吉本芸人×漫画家! 新世代のコント芸人として最近注目を集めているお笑いコンビ「そいつどいつ」のコントを、『働かざる者たち』『明日クビになりそう』のサレンダー橋本が漫画化! 目を覚ますと見知らぬガラス張りの密室。 いかにもそれらしい見た目のゲームマスターが脱出の手段を説明し、10分以内にクリアしなければ部屋が水没するという。 謎をすべて解き、分かった3ケタの数字を打ち込むと脱出できるが、挑戦者はスタート直後から奇怪な行動に出始める・・! めっちゃ笑った! 漫画見て笑って動画でまた笑った! 変態かつ哀愁のただよういい設定! コント動画→https://youtu.be/1zlmum745ZM 同企画の他の漫画も面白い。 https://manba.co.jp/boards/116656 https://manba.co.jp/boards/116658 https://manba.co.jp/boards/116659 ↓コミックビーム4月号 https://manba.co.jp/boards/116729
ヤングキングに...
掛け合いが面白いコントのコミカライズ #読切応援
user_private
名無し
7ヶ月前
ヤングキングに掲載された企画、吉本芸人×漫画家! キングオブコントのファイナリストでもあるGAGのネタ「席替え部」を原作に大江しんいちろうがコミカライズした読切漫画になっている。 月に一度ある学校全クラスの席替えの配置を決めるクラブ、その名も「席替え部」。 そこに新たに入りたいと言う宮戸くんにキャプテンである福井、部員の坂本が目の前で席替え部の実力を華麗に披露していく。 席の位置を決めるにも、生徒の個性をよく捉えて活かす方向で決めていくが・・。 コントが元になってるとはいえ、漫画ならではの表現がとても多く見応えがある読切だった。 オチも切れ味が良かった。 他に載っていた読切には動画へのリンクがあったがこの作品だけないのでいつかどこかでこのネタも見てみたい。 他のコントを見たけど、どれも面白い! https://www.youtube.com/channel/UC86HV120cA75U_qO8hg-TNg 同時に載った他の作品も面白い。 https://manba.co.jp/boards/116657 https://manba.co.jp/boards/116658 https://manba.co.jp/boards/116659 ↓コミックビーム4月号 https://manba.co.jp/boards/116729
ヤングキングに...
異色のボクシング漫画?
吉川きっちょむ(芸人)
吉川きっちょむ(芸人)
1年以上前
『ギャングース』『マーダーボール』の肥谷圭介先生新作! ある程度は読まないと何の話か分からなそうだけど、最初のカラーページとタイトルからしてきっとボクサー漫画に違いない!“巨弾拳闘新連載”だからきっとそう! けど、異色!始まり方はあまりに異色! いじめられっ子と思われる高校生が駅で不良に絡まれるかわいい女子高生を助けるよう命じられヤバそうな奴らから助けようとするが・・。 主人公の力は果たしてラッキーなのか?それともセンスの塊なのか!? いつボクシングをやってくれるのか!? 基本的に逃げてるだけにしか見えないが・・? 話がどう転がっていくか既存のボクシング漫画と違いすぎてずっとワクワクしながら読めちゃう! 何をやってもうまく行かないこんな世の中で、平凡で友達もいなく才能もなく兄は引きこもりでどうしようもない毎日を過ごしていると思っている彼にはおそらくボクシングの才能があるのだ、それもとびっきりの! このなかなか分かりやすくは才能を自覚させない焦らしてくれる展開がたまらない。 普通は1話目で自覚してスタート切りますもんね。 普通は、主人公が不良だったり強さに憧れだったりがあったりしますもんね。 それがないんだなー。いいなあ。 代わりに、主人公のずば抜けたしぶとさと図太い根性を提示してくれる。 物理的に「戦う」ことが日常にほとんどなくなってきた社会だからこそ、戦う状況が起きる必然を話の流れで持ってきてくれているので、すごく違和感ないのと、戦いが単純な肉体の暴力だけじゃないというのも魅力。 現代的な武器としてSNSを使うのがいぇーいという感じ! ラッキーパンチなのかそうではないのか、見る人が見れば分かる! 血が沸く!肉が踊る! これからの展開が楽しみすぎます。 タイトルは『僕xスター』 僕がスターダムにのし上がる話でしょうきっと! スペルが「BOXSTER」なので、誰が見ても分かるように、X(エックス)はカケルの記号としても使われていて、「僕」と、星のスター「STAR」とボクサー「BOXER」を混ぜた造語でまたいいタイトルですねー。 順調に行けば2020年2月末に発売かも?とのこと! https://twitter.com/hiyagoose/status/1206424738320408576?s=20
「なわけねーだろ」が3周ぐらいして胸キュンになる
さいろく
さいろく
1年以上前
さすがは画報社らしい「からかい上手の安城さん」って感じの作品。 これは薄い本が出てたらそのまんまだろうし逆に読みたくない、そんなウブな主人公とヤンキー気質なからかいエロギャル安城さんのラブコメ(と言っていいと思う) しかし最近これ系もイチジャンルとして確立されてきた感があるね
「朝ごはん」という名の最後の審判
いさお
いさお
1年以上前
「ワンナイト・ラブ」というテーマがあります。恋人でない男女が一夜限りの関係を持つ。一夜限りであるがゆえに激しくて、はかない。だからドラマが生まれるのです。 本作は、そんな男女の特別な夜ではなく、その翌朝に2人がともにする朝ごはんを描く短編集です。 夜って不思議な時間です。世界が暗がりに沈むと、人は社会的動物であることから解放されます。大いに食べる、大いに飲む、大いに遊ぶ… 自分の本能に従って生きることを許されるのです。 そして、男女が2人になったら… 夜は時にその暗がりに紛れて、2人の背中を様々な形で、半ば強引に押してくれます。ずっと言えなかった想いを伝えることができたり、大切な人に救いの手を差し出す勇気を持てたり、はたまた体の関係を持ったり… しかし、再び朝は来るのです。そして、2人が朝最初にともにする行為が、「朝ごはん」です。 朝ごはんを自分のために、あるいは他人にために作り、そして食べる姿。それは、暮らしをともにする人にしか普段は見せない、無防備で、かざらなくて、現実的で、そしてあたたかな生活感にあふれたものです。 そんな朝ごはんの食卓でそれぞれの一夜を振り返りながら、おいしいね、とか、眠いね、とか、とりとめのない会話を紡ぐ。 そんな時間の中で、日の光に強く照らされながら、2人は試されるのです。 わたしたちは、特別な一夜のおかげで少しの間だけつながれた、かりそめの関係なのか? それとも、昼の世界をともに生きていける、かけがえのない関係なのか? 朝ごはんとは、ある特別な一夜を過ごしてしまった2人の関係を試す、神聖な最後の審判なのです。 卵雑炊、ハニートースト、コンビニの肉まん、梅干しのおにぎり…本作の描く朝ごはんはほんとうにおいしそうで、あたたかで、リアルで、彼ら彼女らの生活感にあふれています。 そんな朝ごはんが、2人の関係に先がないことを暴いてしまうなら、そのはかなさに想いを馳せる。 朝ごはんが2人の明るい未来を予感させるなら、お互いを見つけることができた2人を祝福する。 「朝ごはん」から人の関係の機微に心うばわれる、すばらしい作品です。 ぜひ、ご賞味あれ!
これは現代版必殺仕置人
さいろく
さいろく
1年以上前
仕事人じゃなく仕置人の方。 描写はエグいけど仕置をされる人物があまりにもクズなので全く問題ない(なぜバレないのかとか気になるけど細かいことはいい) 絵もどんどん上手くなってる。 エグい作品が多いけど、昨今の流行がマイナージャンルな表の引きが強い作品に寄っているので人気なのはわかる感じ。 長寿作品になるといいんだけど。
幽霊の女の子とサラリーマンのエロコメ!
user_private
名無し
1年以上前
主人公・陽平が恋人と別れたら部屋に憑いている女の子の幽霊が視えるようになってしまった。今までは霊感の強い元カノのおかげでバリアできていたが、破局したので姿を表せるようになったらしい。処女のまま死んじゃったのでエロいことに興味津々で、視えないことをいいことに、まだ熱々だった頃から陽平たちの夜の営みをガッツリ覗いていたらしい!幽霊ちゃんは見た目もなかなか可愛いし、陽平とガンガン会話もしてるし、線香を焚かれても平気なんだけど、触れられなだろうから、エロコメとしてどう展開していくのか楽しみ。
映画とのギャップ
nemuke
nemuke
1年以上前
シマウマは映画で知ってマンガを読むようになったんだけど、どっこいどっこいかな・・・ 映画はグロくすればいい感強くてストーリが疎ら。 漫画の方はストーリは面白いんだけれど、残酷シーンでは敢えてなのか描写が見えづらい・・・だから理解しづらいところがある。 ストーリ的にはフィクションだが、事実こういう組織(復習屋)がいるのも事実、それをモデルにしているのだろう。 少しオーバーだが内容と取引金額もリアルである。
老人に読んでほしいんだよなぁ~
やむちゃ
やむちゃ
1年以上前
孤独な老人の隣に絵に描いたような幸せ家族が引っ越してきて仲良くしてくれそうになったあたりで胸がすごいざわついたwwいい予感ぜろ! 初っ端は「いぬやしき」中盤は「外道の歌」が頭に浮かんで、全体的にはまぁよくある話なんだけど、不思議と上品な印象だった。おじいさんが渋いから? とにかく、こういうかっこいいおじいさん漫画をおじいさんに読ませたい。