野愛
野愛
2021/04/07
人生崩壊を食い止められるなら、何をする?
久しぶりに再会したいじめられっ子の森といじめっ子の赤城。 逃げようとしてうっかり高所から落ちたと思ったら、森の体に赤城の精神が入った状態で高校時代に転生してしまう。 赤城は元の世界に戻るべく、森の人生を崩壊させた事件を解決していく…というお話。 あらすじだけを読むと「???」となってしまいますが、これがまた面白い。 いじめっ子といじめられっ子が入れ替わるわけではないので、赤城は過去の自分自身にいじめられることになる。 森がやり返すわけではなく(森自身は人魂みたいに赤城の近くを漂ってる)、赤城が自らの行動を反省したりやり直すことで未来が開かれていくという構図。 いじめっ子がただただ改心していくシリアスなお話ではなくポップなノリのギャグ漫画でめちゃくちゃ笑えるのもよい! 森の親友でこれまたいじめられっ子の卓や、森に恋するクラスの女王愛梨、校内の風紀を取り締まる菊池、赤城の舎弟やまじんなど、いじめられっ子もいじめっ子もそれ以外もみんな個性的で愛すべきキャラクターだらけ。 だからこそ、いじめ描写の残酷さが際立つ。 いいところも悪いところもある普通の愛すべき人間が、理由もなく暴力を受ける悲しさ。理由もなく暴力を振るう歪さ。 話せばわかりあえるのに、人を好きになったり笑ったりできる同じ人間なのに、そう思ってしまうからより恐ろしく悲しく感じられる。 しかもいじめ描写は作者さんの実体験がもとになっているそうで。もう言葉も出ませんね。 森と赤城のように人生をやり直すことはできないけれど、生まれ変わったつもりでファイティングポーズをとったり逆に拳を下げたりはできるかもしれない。 さんざん笑って少し立ち止まって、人生を見つめ直せるかもしれない作品でした。
user_private
名無し
2021/03/12
漫画でもスマホを落としただけ…ではない!
スマホを落として凶悪なハッカーに目をつけられちゃった、という以外にそもそもITリテラシー以前の問題をツッコまれたりもしている本作(クレカ番号を人に教えたりしている)。 漫画版でもスマホを落としたことからとんでもないことになっていく緊張感は健在で、自分もやっちゃってるかも…と思わされる瞬間はネタにされつつもやっぱり怖い。スマホバトルばかりが目立って取り上げられていますが、最後まで読むとミステリーとして作り込まれたオチにも驚かされると思います。 4巻からは映画版のファンの間で通称「光のスマホ使い」と呼ばれていた刑事が主人公になる第2部『囚われの殺人鬼』編がスタート。第1部の敵と共闘、そのメンターを追うなどストーリーラインはなかなか本格派(ハンニバルのオマージュだけど)…なんですが相変わらず偽フリーWiFiに接続したことで全部ダメになっていったりします。この辺りのさじ加減が分かりやすくて読みやすいんですかね。 自分でもちょっと気をつけようと思えたり、スリラーとしての読み応えもしっかりあるので映画と一緒に楽しんでみてはいかがでしょう。どっちから手出してもいいと思います。