一番下のコメントへ

最近発売された「一度きりの大泉の話」について雑談しましょう。

個人的には目次の時点で最高でしたね。本自体も面白いしそれを取り巻く関係者/ファンも込みで面白いと思いますが皆さんはどんな感じでしょうか?

1/8ページ
<<
<
1/8ページ
>
>>

何故偉そうに言えるのかというと、

「自分は描いていないから」

萩尾先生も言ってる通り。
批判的なことを言うにしても、漫画描いている人だったら、
「そういうあなたの描いているものは?」
ということが返ってくるけど、何も描いていないから、言いたい放題。
 何か描いている人なら、(言い方に気をつけないと、傷つけちゃうな)とか考えるけど、考えなくていいから。

昔、ラジオである女性ミュージシャンが言ってた。
新曲をかけると、・・・男性の誰かが(途中から聞いたからわからない)、「この曲、歌うのが難しいね」と言うと、
「そうでしょ? 『歌が下手だ』って言われたら、『やい! 評論家! 歌ってみろ!』って思うの」
 一番才能のない人がなるのが評論家・・・かも。

でも、今回の萩尾先生の告白、同業者も編集者も本当に誰も知らなかったのでしょうか?
だとすれば、読んでビックリですか?
誰も何も言わないですよね。
周辺の人が少し感想を言ってるだけで。
誰かが何か言って頂きたいです。

同業者も編集者も詳細までは知っている人は少なかったのではないかと思っています。多分同業者らしき方がこの本を読んで今後は大泉サロンのドラマ化してほしいなどの話はしないと書いていたぐらいでしたね。

なにこれって思ったが「萩尾望都竹宮惠子 大泉サロンの少女マンガ革命」の著者か

人気漫画家の萩尾望都さんが過去の大泉時代のことをほぼ初めて語った『一度きりの大泉の話』(河出書房新社、2021年4月)が話題を集めています。 少女マンガの変革を目指した女性たちが集まったあの時代を、男性中心の漫画史に正面から位置づけた『萩尾望都と竹宮惠子 大泉サロンの少女マンガ革命』(2020...

COM 71年10月号 少女マンガをさぐる!から プロとしての抱負をきかれたときの回答 竹宮惠子
camera

COM 71年10月号 少女マンガをさぐる!から プロとしての抱負をきかれたときの回答 竹宮惠子

COM 71年...
@名無し

ほんとに増山さんに影響されていたんですね。

子どもの頃、竹宮さんの絵柄はすごく萩尾もとさんのに似ていると感じていて、「なに?この人、いやだなあ!」と腹立たしく思っていました。

あそび玉と、地球へ、の類似とか、、
萩尾もとさんに盗作疑惑かけるなんて、今更ながら怒りがフツフツ、、

竹宮先生と増山さんも仲違いしてたはずだけど晩年は交流あったんだなぁ。でも竹宮先生はいいことしか書かなそうだから増山さんが本当のところどう思ってたかは分からない…

三ヵ月も前にお亡くなりになっていたことに一番驚いた
池田理代子萩尾望都が大ヒット作の後にデッサン教室に通ったように
大人の絵を竹宮が基礎から努力していたら、大人の漫画を共作しただろうか?
ブレーンの増山さんは頭の鉢が開いたキラキラ美少年じゃないと怒っただろうか

こんな記事があった http://www.webdice.jp/dice/detail/1046/

こんな記事があった http://www.webdice.jp/dice/detail/1046/

@名無し

一緒にトークショーするくらい仲良かったんですね!

一九九〇年前後、小学館の少女漫画誌『プチフラワー』に連載されていた萩尾望都の、少年への義理の父による性的虐待を描いた「残酷な神が支配する」を、私はなぜこのようなものを萩尾が長々と連載しているのだろうと、真意をはかりかねる気持ちで読んでいた。中川右介の『萩尾望都と竹宮惠子』(幻冬舎新書)を読んだ...


風と木の詩』への批判として『残酷な神が支配する』を描いたとあるが萩尾望都は、『風と木の詩』を読んでいないという話だった気がしてるがどういうことなんだ...

風と木の詩」へのアンサーが「残酷な神が支配する」とよくいわれるけど
その前にささやななえが「凍りついた瞳」を描いてる
他にも山岸涼子が短編でかなり名作をそろえてる
児童への性虐待、近親相姦を語るなら竹宮先生、他の漫画研究家にはぜひこっちも併せて読んでほしい
ほぼ同じ時代なのに24年組で、竹宮・増山の「風木」だけが、絶対的になにか違う

圧倒的に、致命的に、あさい

ささやななえの「凍りついた瞳」はすごかった。
風木とは全く違ってると思ったけど見かたによっては同じ流れになるのか。考えたこともなかった

「残酷」は「風木」へのアンサーでも批判でもないと思うけど、いわゆる「性的虐待萌え」に冷水ぶっかけて、そのおぞましさを読者に突きつけたところはあるような。
何に萌えようが自由だけれど、その醜悪さは自覚しとけ、被害者の地獄はこうだ、虐待を介する愛など都合のいい性的ファンタジーに過ぎないと。

今回の騒動で分かったことは50年間竹宮恵子は「お前は私のネタを盗作した」という首輪を萩尾望都につけて、むしゃくしゃした気分の時はその鎖を引きずって幻想の萩尾をぶんなぐって怒鳴りつけやりたい放題し続けていたということ。取り巻きや竹宮の妹がそれに同調して「萩尾はなにをやってもいい盗作屋」と決めつけて同調者をいまだ求めていること。
明らかになったからには小学館の社長クラスか大学の関係者か何でもいいから、竹宮恵子に「萩尾はお前の盗作なんかしてない。する必要がない」「君の心の問題だから精神科に行って治療しなさい」と言ってあげてほしいです。

大泉サロンで少女漫画家朝ドラ!じゃねーっつーの。メンヘラ竹宮の一人闘病記じゃ。

 70年代中頃って、名香智子ファンション・ファデにそのものズバリなクロッキーを見た見ないの冤罪エピソードがあった。あと山岸凉子のアラベスク第二部でもエーディクが同じ曲を全く違った振付にしてしまうモチーフオルタナティブのエピソードがあった…気がする。

ひょっとして結構大々的に漫画界に流布キャンペーンさせていたのかな…と疑ってしまう>竹宮陣営からの男子寮・水辺の校舎・温室・バラを盗作されたアピ

1/8ページ
<<
<
1/8ページ
>
>>
コメントする