:ribbon:少女漫画誌『りぼん』の思い出を語るトピ

一番下のコメントへ

小学生の頃りぼん電子版りぼんを毎月購読してました:ribbon:
個人的に非常に人生に影響をもたらした雑誌なのですが、なかなか身近にりぼんを語れる人が居ないので、トピック立ててみました(^^)よかったら思い出話をましょう!:sparkles:

ざっくりとですが私のりぼんプロフィールを記します。
・1994年頃から約4年間雑誌購読
【好きな作品】
ママレード・ボーイママレード・ボーイ(吉住渉吉住渉先生作品はだいたい好き)
こどものおもちゃこどものおもちゃ
赤ずきんチャチャ赤ずきんチャチャ
ときめきトゥナイトときめきトゥナイト(年一ペースで全巻読み返してます)
天使なんかじゃない天使なんかじゃない
などなど、他にもありますが長くなるのでひとまずこれで。。

私の年代はなんとなく察したかと思いますが、全くかぶってない方からも思い出話が聞きたいです…!気軽に書き込んでください♪

小学生の頃りぼ...

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>
ぜひぜひ!アニメはどうやって終わったのか忘れてしまいましたが、漫画の方は結構後半にシリアス展開があって面白いんですよ…!

ぜひぜひ!アニメはどうやって終わったのか忘れてしまいましたが、漫画の方は結構後半にシリアス展開があって面白いんですよ…!

@アラサーりぼんっ子

大人が読んでもおもしろいのはいいですね!

水沢めぐみ水沢めぐみ先生のファンでした。
水沢先生の漫画はとにかく「毒」がないというイメージだったけどいまは大人の女性向け雑誌でも描いてるんですね〜。
気になったので塔子さんには秘密がある塔子さんには秘密があるっていうのを読んだんですが、主人公はアラサー、アラフォーの女性なんですけどやっぱり「毒」はなかったです。貫いてて素晴らしいと思う一方で、無理して描いてないかな、と余計な心配もしてしまう。

りぼん電子版りぼんの誌上企画で#りぼんっ子プロフィール帳なるものが…
今のところ私の同年代のりぼんっ子が居なくて寂しいが…当然か。

user_private
時の流れを感じる

二十年でスゴい向上されてる…

二十年でスゴい向上されてる… https://twitter.com/medakanoyukie/status/1222120119158988801

二十年でスゴい向上されてる… https://twitter.com/medakanoyukie/status/1222120119158988801

@時の流れを感じる

先生はそんなに変わってないところがまたいい。

ふろくといえば、昔はノートとかメモとのふろくは落書きだけで消費してたけど今考えたら使い方もったいなさすぎるな自分…

user_private
アラサーりぼんっ子
りぼんのギャグ漫画はどれが好きでしたか? 私はへそ茶とかくまちゃん、まゆみ!あたりを読んでました。ただこのへん全く電子化してないんですね…😢

りぼんのギャグ漫画はどれが好きでしたか? 私はへそ茶とかくまちゃん、まゆみ!あたりを読んでました。ただこのへん全く電子化してないんですね…😢

@名無し

くまちゃん‼‼‼‼:bear::bear::bear:
懐かしすぎて過呼吸起こしそう…私は他にHIGHSCORESCOREとかも好きでしたね。
ちなみにまゆみ!はこんなかたちですが電子になってますよ!


今年はりぼん電子版りぼんアニバーサリーアニバーサリーイヤーでしたか!!「りぼんのおみせ」行かねば…

藤馬かおり先生の「内気なPOLICE」「悪魔が私にささやいた」めっっっっっっちゃ好きなんですけど知ってる人いますか?

藤馬かおり先生の「内気なPOLICE」「悪魔が私にささやいた」めっっっっっっちゃ好きなんですけど知ってる人いますか?

@nyae

藤馬かおり藤馬かおり先生好きです!内気なポリスでヘアピンで鍵開けてるの見て真似しました。

りぼんのギャグ漫画はどれが好きでしたか? 私はへそ茶とかくまちゃん、まゆみ!あたりを読んでました。ただこのへん全く電子化してないんですね…😢

りぼんのギャグ漫画はどれが好きでしたか? 私はへそ茶とかくまちゃん、まゆみ!あたりを読んでました。ただこのへん全く電子化してないんですね…😢

@名無し

岡田あ~みん岡田あ~みんルナティック雑技団ルナティック雑技団 これを超えるものは未だに見つかっていない。

いまやってるりぼん電子版りぼんのおみせ、グッズが「誰向け…?」と戸惑ってるのは私だけ?

いまやってるりぼんのおみせ、グッズが「誰向け…?」と戸惑ってるのは私だけ? https://twitter.com/ribon65th/status/1235774138578546688

いまやってるりぼんのおみせ、グッズが「誰向け…?」と戸惑ってるのは私だけ? https://twitter.com/ribon65th/status/1235774138578546688

@名無し

可愛いよ、可愛いんだけど、ね

いまやってるりぼんのおみせ、グッズが「誰向け…?」と戸惑ってるのは私だけ? https://twitter.com/ribon65th/status/1235774138578546688

いまやってるりぼんのおみせ、グッズが「誰向け…?」と戸惑ってるのは私だけ? https://twitter.com/ribon65th/status/1235774138578546688

@名無し

これは…戸惑いますね…!
お店の場所が原宿だから?
いや〜私には分からない世界だわ

特別展りぼん電子版りぼんのグッズは神でしたね

「特別展 りぼん」250万りぼんっ子 大増刊号|1993年末に最高発行部数255万部を記録した乙女のバイブル「りぼん」。本展覧会では、当時の人気を支えていた11作家・16作品を紹介し、なつかしの名シーン原画や、当時のふろくなどを大公開!

さくらももこさくらももこがどうして国民的作家になったんだろう?って考える時
このマンバのクチコミを思い出します。
「透明な作家」と言われてなるほど〜!と思いました。

icon
影絵が趣味
1年以上前
透明な作家さくらももこ
『ちびまる子ちゃん』で世に知られるさくらももこには隠れた名作がある。それは読み切り作品として『ちびまる子ちゃん』の各巻末に収録された『ほのぼの劇場』である(現在は文庫版にして上下巻にほのぼの劇場のみを抜粋したものがある)。 ほのぼの劇場は、いわば"永遠の小学3年生"まる子の前後譚であり、幼稚園生の頃からデビュー前後ぐらいまでの出来事がまちまちに描かれている。はじめて鼻血を出した日、マンガ家デビューが決まった日、小学6年生の運動会、盲腸になった日、高校3年生の失恋、はじめての雪遊び、はじめてディスコに行った夜、大好きな担任先生の転任、はじめての一人暮らし、ある友人の転校、受験生の夏、等々、能天気に小学3年生をくりかえす『ちびまる子ちゃん』本編とはうって変わり、そのどれもが人生においてたったの一度切りしか起こりえない"あの頃"として描かれている。『ちびまる子ちゃん』にしても作品背景こそノスタルジックなあの頃にはちがいないが、ちびまる子ちゃんはあくまでも過去を振り返らない現在進行形であり、つまり現在から果てのない未来に向かって描かれ、それゆえに"永遠の小学3年生"でありつづける。いっぽうで『ほのぼの劇場』は、起こってしまった一度切りのかけがえのない体験を、つまりもはや取り返しのつかない不変の過去を現在から観照して描いている。 『ほのぼの劇場』を読んでまず読者は、小学3年生時点からみて過去のまる子/未来のまる子が「まる子」と呼ばれていないことに驚きを隠せない。ここではあの馴染みのまるちゃんが「ももこ」や「ももこちゃん」や「ももこさん」と呼ばれているのである。"ももこ"とはもちろん作者さくらももこの"ももこ"にほかならない。ところが驚くもなにも、まる子にしても単にあだ名として呼ばれているだけで、それは確かにさくらももこであり、つまり少なからず作者自身の投影として描かれている。あえて作品世界の繋がりを尊重するならば、まる子=さくらももこは小学3年生のときだけあだ名"まる子"で通っていたことになるが、しかしそれにしても『ちびまる子ちゃん』に登場するさくらももこ、『ほのぼの劇場』に登場するさくらももこ、このふたつのさくらももこは単に時間軸の隔たり以上に異質さをもっているように思われる。そもそも『ちびまる子ちゃん』の劇中のまる子=さくらももこというものに対して、作者さくらももこという存在は、作品の内外のそこかしかこに介在していながらあまりに希薄すぎはしないか。平仮名で書かれた"さくらももこ"というベタすぎるペンネームからして他の文字群に混ざって雲散霧消してしまいそうである。つまり『ちびまる子ちゃん』にとって主人公まる子は作者の投影でありながら、そこに作者は不在というより透明になり姿をくらましているのである。いっぽうで『ほのぼの劇場』の主人公には、単に名前の呼ばれ方がちがうという以上に、作者さくらももこの存在がそこここに見え隠れしているようには思われないか。『ほのぼの劇場』は透明な作家さくらももこが姿を現した唯一の作品ではありはしないのか。 ところで『ほのぼの劇場』から作者の人間くささがしてくるのは、それが現在から過去を描いていることに関係してはいまいか。過去というものは今ここには存在しない代わりに決定事項であり不変である。いっぽうで未来とは可変である、可変であれば先行きはわからない。先行きがわからないという意味での不透明という言葉があるが、透明すぎても何もみえない。さくらももこの透明性とは実はこのどこまでも続く現在進行にあるのではないか。

これは…戸惑いますね…! お店の場所が原宿だから? いや〜私には分からない世界だわ 特別展りぼんのグッズは神でしたね https://www.ribon-ten.com/goods/

これは…戸惑いますね…! お店の場所が原宿だから? いや〜私には分からない世界だわ 特別展りぼんのグッズは神でしたね https://www.ribon-ten.com/goods/

@名無し

そうなんです!特別展りぼん電子版りぼんが神だっただけに、つぎは何やるのか楽しみにしてたので「う〜ん」という感じです。。
すくなくとも自分はターゲットに入ってないんだろうなぁ

そうなんです!特別展りぼんが神だっただけに、つぎは何やるのか楽しみにしてたので「う〜ん」という感じです。。 すくなくとも自分はターゲットに入ってないんだろうなぁ

そうなんです!特別展りぼんが神だっただけに、つぎは何やるのか楽しみにしてたので「う〜ん」という感じです。。 すくなくとも自分はターゲットに入ってないんだろうなぁ

@名無し

あああ!りぼん電子版りぼんっ子にこんな悲しいこと言わせないで欲しい!!

最近、思うことがありまして。
ちびまる子ちゃんちびまる子ちゃんが変な勉強本に使われているのがどうしても気になってます…。
これを見たときはなんじゃこりゃと思いました。

【累計530万部突破!】満点ゲットシリーズ 新ラインナップ『せいかつプラス』。インターネット、習いごと、友だち関係…。子どもをとりまく環境が急激に変化している今だからこそ、これからの社会で生きぬく力をつけるために大切なことを伝えます。『ちびまる子ちゃん』のまんがで笑いながら、「自分で考える力」...

私の思い出の中では、まる子は真面目に勉強なんてしないし、
変なメソッドでやる気を出したりするわけがないんですよ…
お願いだからよしとくれよ…

最近、思うことがありまして。 ちびまる子ちゃんが変な勉強本に使われているのがどうしても気になってます…。 これを見たときはなんじゃこりゃと思いました。 https://www.shueisha.co.jp/seikatsuplus/study/ 私の思い出の中では、まる子は真面目に勉強なんてしないし、 変なメソッドでやる気を出したりするわけがないんですよ… お願いだからよしとくれよ…

最近、思うことがありまして。 ちびまる子ちゃんが変な勉強本に使われているのがどうしても気になってます…。 これを見たときはなんじゃこりゃと思いました。 https://www.shueisha.co.jp/seikatsuplus/study/ 私の思い出の中では、まる子は真面目に勉強なんてしないし、 変なメソッドでやる気を出したりするわけがないんですよ… お願いだからよしとくれよ…

@名無し

漫画のキャラが急にお行儀良くなる感じ、ガッカリしますよね

user_private
名無し
小学生の頃りぼんを毎月購読してました🎀 個人的に非常に人生に影響をもたらした雑誌なのですが、なかなか身近にりぼんを語れる人が居ないので、トピック立ててみました(^^)よかったら思い出話をましょう!✨ ざっくりとですが私のりぼんプロフィールを記します。 ・1994年頃から約4年間雑誌購読 【好きな作品】 ・ママレード・ボーイ(吉住渉先生作品はだいたい好き) ・こどものおもちゃ ・赤ずきんチャチャ ・ときめきトゥナイト(年一ペースで全巻読み返してます) ・天使なんかじゃない などなど、他にもありますが長くなるのでひとまずこれで。。 私の年代はなんとなく察したかと思いますが、全くかぶってない方からも思い出話が聞きたいです…!気軽に書き込んでください♪
camera

小学生の頃りぼんを毎月購読してました🎀 個人的に非常に人生に影響をもたらした雑誌なのですが、なかなか身近にりぼんを語れる人が居ないので、トピック立ててみました(^^)よかったら思い出話をましょう!✨ ざっくりとですが私のりぼんプロフィールを記します。 ・1994年頃から約4年間雑誌購読 【好きな作品】 ・ママレード・ボーイ(吉住渉先生作品はだいたい好き) ・こどものおもちゃ ・赤ずきんチャチャ ・ときめきトゥナイト(年一ペースで全巻読み返してます) ・天使なんかじゃない などなど、他にもありますが長くなるのでひとまずこれで。。 私の年代はなんとなく察したかと思いますが、全くかぶってない方からも思い出話が聞きたいです…!気軽に書き込んでください♪

小学生の頃りぼ...
@名無し

友達から借りてママレード・ボーイ littleママレード・ボーイ littleを読んで、面白かったのでママレード・ボーイママレード・ボーイを読みました。
絵は少し変わっていたけど、そんなに古く感じなかったです。順番は逆ですが楽しめました。

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>
コメントする