2020年の良かった読切作品教えて!

一番下のコメントへ
1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>

棘尾どろしー『愛の口裂け女』
↑おどろお・どろしーと読む
モーニングモーニング月例賞2019年12月期】奨励賞受賞作
口裂け女が女子高生を驚かすつもりが、「愛した人に似てる」とほろりと泣かれてしまい…。
身の上話を聞いていくと驚きの展開が!
サクッと16pで読みやすくコミカルで麗しい。

 Fiok LeeFiok Leeねむれないねむれない
四季賞2019冬 四季大賞
月刊アフタヌーンアフタヌーン4月号
驚異の全ページフルカラーで眠れない夜と忘れられないあの子を描く読切

ねむれない(四季賞2019冬 四季大賞)/Fiok Lee ねむれない(四季賞2019冬 四季大賞) - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

週刊少年チャンピオンチャンピオンに掲載された陸上(やり投げ)がテーマの読切『青春シャウト青春シャウト』(菊地祥代菊地祥代)がメッチャよかったです…!!ぜひ連載化してほしい…!

チャンピオンに掲載された陸上(やり投げ)がテーマの読切『青春シャウト』(菊地祥代)がメッチャよかったです…!!ぜひ連載化してほしい…! https://manba.co.jp/boards/116173

チャンピオンに掲載された陸上(やり投げ)がテーマの読切『青春シャウト』(菊地祥代)がメッチャよかったです…!!ぜひ連載化してほしい…! https://manba.co.jp/boards/116173

@たか

めっちゃよかったっすねー!!スカッとしました!
連載読みたい!

めっちゃよかっ...

ハマサキ『マツダの世界』
マガポケ3月4日 春の読み切り祭り

昔の読み切りも結構好き

コユリコユリ無声アイドル ウタマロちゃん無声アイドル ウタマロちゃん
good!アフタヌーンgood!アフタヌーン4月号
(四季賞2019冬 藤島康介藤島康介特別賞)

無声アイドル ウタマロちゃん(四季賞2019冬 藤島康介特別賞)/コユリ - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

コユリ『無声ア...

安彦晴安彦晴童話 G-CATS童話 G-CATS
ビッグコミックスペリオールスペリオール2020年3月13日号
ここ最近、安彦晴さんのマンガがスペリオール載ってて嬉しいです。
逆張りしてしまう尖り男が本当は巨乳が好きなのに好きじゃないと言って神様お怒りになってGカップを猫にしてしまう話。
全体的にとても可愛らしくて、男にはイライラする素敵な話でした。

安彦晴『童話 ...

稲妻桂稲妻桂『あすか』
マガポケ3月7日
映画研究部で映画を撮る主人公の前に、書いた脚本そのままの少女が現れ、台本通りに二人の関係が進んでいくが…。
現実で、すごくよかった。

過去の読切も全部いいなあ。
稲妻桂『月の國月の國』4p

瀬戸際に轟く瀬戸際に轟く』稲妻桂(名義:茅野未暮茅野未暮)
過去の読切読んだことあった!これと同じ作者かー
深夜ラジオ好きの高校生男女が出会って本気でラジオ番組作ろうとする話。

乃原美隆乃原美隆無抵抗主義無抵抗主義』前編
FEEL YOUNGFEEL YOUNG 4月号~
やばい!!
めちゃくちゃ面白いんだけど!
イケメンが告白されたら全員と付き合っちゃう無抵抗な主義で、その一人から刺されちゃって退院後から始まるんだけど、それ治そうよって言って友だちと魔女ってあだ名の人のところ行くんだけど、あーもうとにかく読んでって感じ!
後編どうなっちゃうの!?

乃原美隆『無抵...

ジャンプSQ 2020年3月号 特別読切『DEATH NOTE』 原作:大場つぐみ 漫画:小畑健 29年ぶりの赤塚賞入選受賞作 『だるまさんがころんだ時空伝』 おぎぬまX

ジャンプSQ 2020年3月号 特別読切『DEATH NOTE』 原作:大場つぐみ 漫画:小畑健 29年ぶりの赤塚賞入選受賞作 『だるまさんがころんだ時空伝』 おぎぬまX

@名無し

泥水真水『君のあだ名は』
モーニングモーニング月例賞2020年1月期奨励賞
クラスメイトたちにこっそりあだ名を付けては手帳に書き込んでいた主人公のあだ名のセンスが好き。
あだ名が付かなくて悩む人からの「あだ名付けてよ」ってめちゃくちゃむずいよね。
希望と絶望と少しの悪意がいいバランス!

『魔界交通警備員』シミズヒロノリ
コミックバンチ5月号
しがない交通警備のおっちゃんかと思いきや、魔界からやってくる化け物をぶっ倒す警備員風装備のおっちゃんで渋すぎかっこいい

『魔界交通警備...

webアクションがオープンして押見修造押見修造先生の読切きましたね!!
『日下部さん』
自分の家の玄関に突如訪れた17歳の少女との日常日常を淡々と描いてるのがすごく感傷的で素晴らしい。こんな二人がいてもいいんだなって思った。

『血の轍』『ぼくは麻理のなか』『惡の華』の押見修造が描く、青春時代に取り残してきたとてもエロい顔の女の子について。

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>
コメントする