一番下のコメントへ

作家名は知ってるけど作品は読んだことないのって結構あります。その作家さんを好きな方に先ずこれから読んでみたら?を教えていただければと思います。

ちなみに大島弓子さんなら「ダイエット」から読むのが個人的にオススメかな。拒食症のお話で男女ともに理解しやすいと思う。

1/6ページ
<<
<
1/6ページ
>
>>
いましろたかしは何から読めばいいですか?

いましろたかしは何から読めばいいですか?

@名無し

ラララ劇場」かなぁ。スターシステムなのでこれ読んでおくと他の作品でも大体のキャラが分かるし。とりあえず初めて読むなら2011年より前に描かれたものがおすすめです。

「ラララ劇場」かなぁ。スターシステムなのでこれ読んでおくと他の作品でも大体のキャラが分かるし。とりあえず初めて読むなら2011年より前に描かれたものがおすすめです。

「ラララ劇場」かなぁ。スターシステムなのでこれ読んでおくと他の作品でも大体のキャラが分かるし。とりあえず初めて読むなら2011年より前に描かれたものがおすすめです。

@名無し

もちろん名前は知っているものの、まったく知識がないので助かります!さっそく読んでみます!

吉田秋生先生、いくえみ綾先生 どちらも2010年代以降の作品は読んでるものもありますが、初期作品も読んでみたいので、おすすめ教えて下さい!

吉田秋生先生、いくえみ綾先生 どちらも2010年代以降の作品は読んでるものもありますが、初期作品も読んでみたいので、おすすめ教えて下さい!

@名無しの漫画好き

吉田先生なら「夢みる頃をすぎても」かな

user_private
名無しの漫画好き
吉田先生なら「夢みる頃をすぎても」かな

吉田先生なら「夢みる頃をすぎても」かな

@名無し

ありがとうございますー!こちらは電子化されてないんですかね?ぜひ読んでみたいので取り寄せます(^^)!

五十嵐大介先生のこれから読めがあれば教えてください。

五十嵐大介先生のこれから読めがあれば教えてください。

@名無し

ディザインズ』。あるいはまず『ウムヴェルト』で感触を探るのも良いかも。前日譚と、いろんなタイプの短編があるので。

『ディザインズ』。あるいはまず『ウムヴェルト』で感触を探るのも良いかも。前日譚と、いろんなタイプの短編があるので。

『ディザインズ』。あるいはまず『ウムヴェルト』で感触を探るのも良いかも。前日譚と、いろんなタイプの短編があるので。

@名無し

ありがとうございます!
作品集があったんですね。それから読んでみようかなと思いました!

柳沢きみおはやっぱり翔んだカップルから読むべきなんでしょうか?

柳沢きみおはやっぱり翔んだカップルから読むべきなんでしょうか?

@名無し

ラブコメの元祖というものを知りたいでしたら「月とスッポン」と「翔んだカップル」ですかね。ただ読むのはかなり辛かったです...

ちなみに「翔んだカップル」は
「翔んだカップル」
新・翔んだカップル
続・翔んだカップル
翔んだカップル21」があります。

柳沢きみおを初めて読むのでしたら一番最初の「大市民」が無難だとおもいます。あと「妻をめとらば」と「DINO」も面白かったです。

六田登は「F-エフ-」やダッシュ勝平が有名ですけどICHIGO[二都物語]がおすすめです。

六田登は「F-エフ-」やダッシュ勝平が有名ですけどICHIGO[二都物語]がおすすめです。

@名無し

返信ありがとうございます。すごく面白そう!読んでみます!!

ラブコメの元祖というものを知りたいでしたら「月とスッポン」と「翔んだカップル」ですかね。ただ読むのはかなり辛かったです... ちなみに「翔んだカップル」は 「翔んだカップル」 「新・翔んだカップル」 「続・翔んだカップル」 「翔んだカップル21」があります。 柳沢きみおを初めて読むのでしたら一番最初の「大市民」が無難だとおもいます。あと「妻をめとらば」と「DINO」も面白かったです。

ラブコメの元祖というものを知りたいでしたら「月とスッポン」と「翔んだカップル」ですかね。ただ読むのはかなり辛かったです... ちなみに「翔んだカップル」は 「翔んだカップル」 「新・翔んだカップル」 「続・翔んだカップル」 「翔んだカップル21」があります。 柳沢きみおを初めて読むのでしたら一番最初の「大市民」が無難だとおもいます。あと「妻をめとらば」と「DINO」も面白かったです。

@名無し

翔んだカップルってシリーズがそんなに続くんですね…!
いただいたアドバイスのとおり大市民から読んでみます。
大市民もシリーズがたくさんありますが「THE」も何もついてないやつが一番最初なんですね。

漫画というか、寺田克也の画集多すぎてどれから手を出したらいいかわからない…オススメのやつあれば教えてほしいです

漫画というか、寺田克也の画集多すぎてどれから手を出したらいいかわからない…オススメのやつあれば教えてほしいです

@名無し

自分が持ってるのは寺田克也ココ10年。とにかく点数が多いのでペラペラめくってるだけでも飽きなくていいよ

うめざわしゅん ダーウィン事変から知ったので次に読むべきやつをぜひ教えて下さい! 望月ミネタロウ(望月峯太郎) ドラゴンヘッドしか知らないのでこちらも次に手を出すべきものを知りたいです!

うめざわしゅん ダーウィン事変から知ったので次に読むべきやつをぜひ教えて下さい! 望月ミネタロウ(望月峯太郎) ドラゴンヘッドしか知らないのでこちらも次に手を出すべきものを知りたいです!

@たか

うめざわしゅんは「ユートピアズ」「えれほん」かなぁ。「ダーウィン事変」はこの辺の問題意識をギャグじゃない方向で成立させている感じがします。

望月ミネタロウは「ちいさこべえ」か「東京怪童」のどっちか読んで好きになったら両方とも。冒険が好きなら「万祝」もおすすめです。どれも「ドラゴンヘッド」とはかなり毛色が違いますが。

うめざわしゅんは「ユートピアズ」「えれほん」かなぁ。「ダーウィン事変」はこの辺の問題意識をギャグじゃない方向で成立させている感じがします。 望月ミネタロウは「ちいさこべえ」か「東京怪童」のどっちか読んで好きになったら両方とも。冒険が好きなら「万祝」もおすすめです。どれも「ドラゴンヘッド」とはかなり毛色が違いますが。

うめざわしゅんは「ユートピアズ」「えれほん」かなぁ。「ダーウィン事変」はこの辺の問題意識をギャグじゃない方向で成立させている感じがします。 望月ミネタロウは「ちいさこべえ」か「東京怪童」のどっちか読んで好きになったら両方とも。冒険が好きなら「万祝」もおすすめです。どれも「ドラゴンヘッド」とはかなり毛色が違いますが。

@名無し

アドバイスありがとうございます〜! おすすめしていただいたものから読んでいこうと思います!

最近自分の世代じゃないマンガを読んでいるのですが、高橋よしひろ先生の銀牙以外の短編作品だとどれがおすすめですか? できれば5巻以内のものだと嬉しいです! 

最近自分の世代じゃないマンガを読んでいるのですが、高橋よしひろ先生の銀牙以外の短編作品だとどれがおすすめですか? できれば5巻以内のものだと嬉しいです! 

@ななし

5巻以内で同作者の漫画を挙げますと

闘犬話や西部劇などが収録されている「土佐王」(1巻)
ワイド版だと銀牙とタイトルがついてますが全く関係のない短編忍犬「雅武」(コミック2巻、ワイド版1巻)
白い戦士ヤマトとは違う闘犬漫画「白蓮のファング」(コミック4巻、ムック本では上下巻)
コリー犬が人を探しに旅に出る「LASSIE(ラッシー)」(コミック2巻)
それとこれもタイトルがあまり関係のない「銀牙の犬たち」(1巻)
サバイバル漫画「孤島の冒険者
(同ジャンル「男の旅立ち」は5巻以上)
人と狼犬の逃亡劇が終盤に争うことの無益さを説く漫画になる「FANG」

シーモアというサイトで作者名を検索すると人が主体の読み切りの短編も多く電子で読めるのでおすすめです。
どのようなものを読みたいかに寄りますが後の作品になればなるほど人と動物がセットになる作品は人間の愚かさについて語る部分が多くなるので苦手な場合はご注意ください。

5巻以内で同作者の漫画を挙げますと 闘犬話や西部劇などが収録されている「土佐王」(1巻) ワイド版だと銀牙とタイトルがついてますが全く関係のない短編忍犬「雅武」(コミック2巻、ワイド版1巻) 白い戦士ヤマトとは違う闘犬漫画「白蓮のファング」(コミック4巻、ムック本では上下巻) コリー犬が人を探しに旅に出る「LASSIE(ラッシー)」(コミック2巻) それとこれもタイトルがあまり関係のない「銀牙の犬たち」(1巻) サバイバル漫画「孤島の冒険者」 (同ジャンル「男の旅立ち」は5巻以上) 人と狼犬の逃亡劇が終盤に争うことの無益さを説く漫画になる「FANG」 シーモアというサイトで作者名を検索すると人が主体の読み切りの短編も多く電子で読めるのでおすすめです。 どのようなものを読みたいかに寄りますが後の作品になればなるほど人と動物がセットになる作品は人間の愚かさについて語る部分が多くなるので苦手な場合はご注意ください。

5巻以内で同作者の漫画を挙げますと 闘犬話や西部劇などが収録されている「土佐王」(1巻) ワイド版だと銀牙とタイトルがついてますが全く関係のない短編忍犬「雅武」(コミック2巻、ワイド版1巻) 白い戦士ヤマトとは違う闘犬漫画「白蓮のファング」(コミック4巻、ムック本では上下巻) コリー犬が人を探しに旅に出る「LASSIE(ラッシー)」(コミック2巻) それとこれもタイトルがあまり関係のない「銀牙の犬たち」(1巻) サバイバル漫画「孤島の冒険者」 (同ジャンル「男の旅立ち」は5巻以上) 人と狼犬の逃亡劇が終盤に争うことの無益さを説く漫画になる「FANG」 シーモアというサイトで作者名を検索すると人が主体の読み切りの短編も多く電子で読めるのでおすすめです。 どのようなものを読みたいかに寄りますが後の作品になればなるほど人と動物がセットになる作品は人間の愚かさについて語る部分が多くなるので苦手な場合はご注意ください。

@抜刀熊

とても詳しく解説していただきありがとうございます!!
なるほど、銀牙ってタイトルに付いてるのに関係ないやつが多いんですね:joy:
銀牙の犬たち孤島の冒険者が気になったのでまずは読んでみます。シーモアの読切も見てみますね!

1/6ページ
<<
<
1/6ページ
>
>>
コメントする