同じことを何度も書いて恐縮ですが、単行本は各巻9話ずつ収録されており、例外は1巻は2話少なく、6巻は1話多くなっています。従ってこのままいくと単行本には9の倍数マイナスマイナス1話ずつ収められていくことになります。ということは第9巻は80話まで、つまり今回の話です。
冒頭にこれを書くのは、物語がすごい勢いでたたみにかかっているような気がするからです。
今回の話でさつきとみきおのこれまでの歴史が明らかになりました。
もしかしたらこれから先、みきおのこれまで、バックグラウンドがどんどん明らかになってゆき、その上でいわゆる最終決戦となり、そして89年編は閉じられ、最後に、結果としての現代が明らかになるという結末でしょうか。

話を戻します。今回の回想から、明音を殺したのと同様音臼事件もまた、「欲しいものを手に入れる」ことが動機のすべてだったのでしょうか。結果鈴のことを悪く言ったり悲しませたりする者には死を、ついでに自分の正体を知ってしまった者にも死を、ということか。もうこうなると悪魔と呼ばれるレベルだし、「もう疲れた…終わりにしたい」は本音だったと思う。
そして鈴のいたしらぎくの杜まで突き止めていたことは驚きだ。
そしてあのカセットを見つけ、事実を知ってしまったさつきはサポートを申し出る。これもまたショックではある。背景上同情できる面はあるとはいえ、ちゃんと罪を償い処罰を受け、しかるべき治療をさせるべきだった。結果がさつき自身が彼の生き方を受け入れ、皮肉なことに自らがみきおの暗黒面を反映した生き方、キャラクターになってしまったということか。ちょっと受け入れ難くも感じるが。
事実がすごい勢いで明らかになる中、今回はさつきとみきおの現代までのダイジェストだった。彼女の人生って何だったんだろうかと思えるストーリーだ。「余計に頑張り過ぎた」は数々の恩のある人、とりわけ親に向かって言う言葉ではあり得ない。。それにしても最後のコマのみきおは気持ち悪い目をしている。

来週が一回休みになるけれど、さつき殺害を阻止できるとしたら、電話がかかってきた時に心もまた学校にいたはずで、気が付いていたら後をつける、場合によっては佐野文吾も急行させるという展開だろうか。ただこれで二人を確保できれば89年編は一気に終局になるけれど。それともさつきなしでお泊まり会は開かれてしまうんだろうか。気の抜けない展開になってきたと思う。

いわゆるストーリー重視の大人向け
漫画を読み進み内容の質の高さから、中年の私が数年ぶりに漫画一巻を買いに行ったくらい。

この漫画は細部まで読み込むような人がみたら絶対に惚れ惚れします。
緻密に計算された作品が好きな方は是非。

ピロ司令も…わかります!
憎めないんですよね〜全員人間ではないですけど人間らしくて。
悪役として出てきたかと思っても読み進めると憎めなくなってしまう…。全員が1番わかります!
顔と名前、派閥含めた表ほしいって思ってしまいました。地図までほしい。

ここまでのコメントで、みなさんが例外なく複数名に言及しているのが興味深いです。全員が1番、という意見も腑に落ちます(申し訳ない意見だなんて、とんでもない)。それだけ作品自体に力があるのかもしれないと思います。

とは言うものの、個人的には戴天党が特に好きだったりします。初めにシバを挙げましたが、有能かつ人情派のシャクター将軍もすごくすてきです。シバとギョーマン、ルビーとギョーマン、シバとルビーあたりの掛け合いも楽しかった…。戴天党に限らず、関係性が映える漫画ですね。

よく耳にするこの人の一番好きな曲は?
というものがありますが、名だたる作曲家は学術的にも芸術的にも全てが名曲で選べない事が有ります。
堕天作戦堕天作戦はこの状況に似ていて私には1番が決めれません。
さまざまな登場人物の行動理念、立場や状況の作り込みが素晴らしくまたその描写を一言で締めくくる言葉が良い意味で期待を裏切ってくるからです。

ですので本当に申し訳ない書き込みになりますが全員が1番としか言えません。

私は無駄に歳をとっているだけで漫画に詳しくは有りませんが盲信ではなく素直にそうおもいますね。

1番初めにグッと心を掴んだのはピロリンです!
メタ的なのですが、コメント欄と山本先生によるピロリンの弄りが楽しすぎました。業火正伝は面白すぎてお腹が痛かったです。

今はナイトワットさんとケレス君に夢中です!
ナイトワットさんの人柄には私も命を預けられます。

環視無用のリョナおじさん以外、もう全員、ホントに全キャラ好きですが、敢えて1人あげるならアンダー一択です。
虚空処刑ラストの「生き返った気分だ」から彼一筋。

堕天作戦堕天作戦は群像劇なので、全く登場しない章もあるけれど、彼が動くと話が大きく進む。
コメディリリーフの役目もこなしつつ、主要キャラと絡んだときのエモさは言葉では表現できない(読んで)
彼が少しずつ感情を取り戻していくさまを、ずっと見守っていきたいです。

レッドレッドを立てた自分から語ります。個性やドラマにあふれたキャラクターばかりで選ぶのが難しいですが、レコベルとシバが特に好きです。

レコベルの魅力は好奇心に対する一途さにあると感じます。あのアマチにさえ異常性を感じさせたそれは狂気に近いのかもしれませんが、なりふりかまわず邁進するその純粋さに魅了されます。彼女には恐ろしい面があると同時に世界を愛する揺るぎない心があり、その愛の鮮烈さがアンダーを救う言動につながったのではないかと思います。

シバは独特の外見、口調、能力をもつキャラクターですが、それらが複雑な生い立ちや繊細な性格と強く結びついています。彼の切実さと儚さに、惹きつけられずにはいられません。優しくて生真面目で不器用なシバが幸せになるよう願っています…。

数日ぶりに見に来たら、盛りあがっていたようでうれしいです。このスレッドレッドのお題と作品の良さがあってこそでしょう。作品の魅力に対して認知度が低いので、堕天作戦堕天作戦がもっと多くの方に知られてほしいと思います。需要がありそうなら、好きなキャラクターを語りあうスレッドでも立ててみましょうか…。

なんだかんだキャラぶれないですよね。
不死者とか絶対難しいキャラなのに。
不死者アンダーが心動くポイントとか考えてることは最初のレコベルに会ってからずっと同じ。業火卿に会ってレコベルの仇とちょっと熱くなるけど人間になったら死ぬのかってことを考えてたり、超人機械の話を思い出したり。
破顔大笑のこのへんからの流れ好きです。
あと語彙力すごい、作者と言い争ったら確実に負ける。

なんだかんだキ...