永遠の恋人

永遠の恋人

都会育ちのお嬢様フェリシティにとって、ありあまる富は自分を曇らせるものでしかなかった。群がる男性はしょせんお金目当て。それを思い知らされた人生最悪のスキャンダルは、彼女の足をテキサスへと向かわせた。静かな場所で、自分につきまとう孤独と向きあい、ひとりで生きる覚悟を決めるために。しかし滞在先の牧場でオーナーのブロックと出会い、無愛想だが誠実な彼の人柄に触れるうち、フェリシティは愛を求める心を断ち切れず、苦しみ悩まされていく…。
天使の待つ家

天使の待つ家

亡き姉の子を代理出産し、ひとりで育てているケイラ。信頼していたナニーに全財産を奪われた彼女は、赤ん坊の父親であり、以前一度だけ体を重ねてからずっと忘れられずにいた大富豪ドノバンのもとを訪ねる。彼に婚約者がいることを知り、何も言わずに足早に立ち去ったケイラだが、自宅で強盗に襲われているところをドノバンに助けられた。赤ん坊が自分の子供だと知ったドノバンは、ケイラにある提案をもちかける。「君は赤ん坊と一緒に半年間、僕の家に住むんだ」
あの嵐が丘で

あの嵐が丘で

シャーロットは、友人の屋敷の管理をまかされていたある日、たまご泥棒を発見する。しかし、彼の顔には見覚えがあった、友人の甥ポール・サリゼン! 新聞記者で世界を飛びまわっている彼は、突然帰ってきたのだ。友人が病気で入院してから、何度も手紙を出したのに帰ってこなかった彼が…。第一印象は、最悪。それなのに彼は、下宿人としてシャーロットの家に住むことに。でも、「あなたにはポールがふさわしいわ」と友人に言われたことで彼を意識してしまい――!?
苦くて甘い罠

苦くて甘い罠

テムズ川で恋人と船上パーティーを楽しんでいたジョランダは、ふいに姿を現した男性を見て美しい顔をこわばらせた。ヴィート…私と愛する双子の兄ニックを引き離した人。それなのに縁を切れない魅力を持つ、憎らしい存在…。ヴィートはニックの病気を知らせに来たのだが、彼らがいるシチリアにジョランダを呼ぶのをためらって見せた。兄との絆を取り戻すため、ヴィートと旅立つことを決心する。その先にこの美しい策略家の罠が待っているとも知らずに――!!
美しき公爵の愛の詩

美しき公爵の愛の詩

大学講師のアビーは失恋を癒しに訪れたヨーロッパ旅行で、美しい男性ラウルに一瞬で心を奪われてしまう。滞在するワイナリーの経営者である彼は、日に焼けた引きしまった体を持ち、黒い瞳はどこか憂いを帯びていて女心をかりたてる。その瞳と熱く視線が絡みあえば、アビーはもう、ラウルこそが運命の恋人であってほしいと願わずにはいられなかった。まさか、彼がフランスの公爵で、家柄を重んじる富豪一族から手ひどい仕打ちを受けることになるとも知らずに…。
九十日間のミセス

九十日間のミセス

「僕の妻を演じてくれ。そうすれば経済的援助と借金返済を約束する――」若き病院長ハリーの奇抜な申し出は、窮地に立つローリーにとって、またとない幸運だった。父が亡くなり、浪費家の母のおかげで屋敷が競売にかけられ、バイトを増やせば大学の卒業単位が足りない始末。演劇を専攻するローリーは迷いなく引き受けた。契約期間はひとまず3か月。妻役を完璧に演じるにはキスも必要…だけど、ハンサムなハリーに胸が騒いで…。ああ、私ったらどうしてしまったの!?
悪魔に捧げた純愛

悪魔に捧げた純愛

夫の葬儀の日、クリスティンはアナトールに再会した。夫の甥で大企業のCEO、そして元恋人。5年前、恋に無縁だったクリスティンは王子様のような彼とたちまち恋に落ち、夢のような日々を過ごした。彼に「君と結婚するつもりはない」と告げられるまで。途方に暮れていたクリスティンはアナトールの伯父に助けられ、結婚したのだ。アナトールは私を、伯父を結婚の罠にはめた金目当ての女と罵るに違いない。けれど彼には知られたくない。私が結婚した本当の理由を…。
禁断の情熱

禁断の情熱

新鋭のジュエリーデザイナーであるモーナは、あるイベントで出会った敏腕実業家ホークの熱い眼差しに、思わず動揺してしまう――かつて、ある男性の圧倒的な存在感と魅力に抗えず、痛い目にあったことがあるのに…! ホークはまさにその元恋人と同じタイプだった。彼はリゾート開発のため、元恋人が私に遺したこの土地に興味があるだけ。私に興味があるわけじゃない。しっかりするのよ!そう自分に言い聞かせる彼女をよそに、ホークはさらに接近してきて…!?
億万長者と愛の形見

億万長者と愛の形見

エロイーズは空港で運命の出会いをしたホテル王ヴィトに見初められ、求められるままに愛を交わした。自分らしくない行いに戸惑いながらも、彼に本当に愛されているのかもしれないと思いはじめた矢先、彼の婚約者を名乗るカーラという女性が現れる。居合わせたヴィトは口ごもるばかりで、絶望したエロイーズはその場から逃げるように立ち去った。傷つきながらも彼のことは忘れようと決心したエロイーズの体に異変が起きたのは、それから数か月後のことだった…!
片恋にさよならを

片恋にさよならを

ボスのイーサンに想いを寄せて5年。セイディは実らぬ恋を諦め、退職を申し出た。ところがそんな時、会社に赤ん坊がやってきた! 赤ん坊はイーサンの亡き親友の子供で、彼が後見人になっているという。親友のため赤ん坊を引き取ることを決めたイーサンは、セイディにナニーが見つかるまでの間、助けてほしいと懇願し…彼女は1か月、家に泊まりこみで赤ん坊の面倒をみることに! 大丈夫、もう彼への恋心は捨てたのだから。平静を保つセイディだが…?
迷える家庭教師

迷える家庭教師

臨時の住み込み家庭教師となったアルシア。雇い主のクラークは3年前に妻を事故で亡くし、男手ひとつでふたりの子を育てている。最近、成績が急激に落ちこんだという12歳の兄と、家族にだけ耳元で話す3歳の妹。子どもたちを過保護なまでに束縛するクラークの姿に、アルシアは違和感を覚えた。問題だらけだった私の家族とは全然違うのに…なぜほころびを感じるの? この家族をほうってはおけないわ。クリスマスをきっかけに家族の絆をアルシアが繋ぎあわせて――。
誕生日に届いた花嫁

誕生日に届いた花嫁

独身を謳歌するハンサムな投資家ジョーの誕生日祝いに、住み込み料理人として選ばれたルシンダ。贈り主である彼の祖母の話によれば、ジョーは同性愛者らしい。それはルシンダにとっては願ってもないこと。家が没落したとたん信じていた婚約者に逃げられ、恋愛はもうこりごりと思っていたから。しかしジョーに甘く熱いキスをされるという裏切りにあい事態は急変。その唇の感触は、ルシンダが人生最大の辱めを受けた夜に無理やりキスしてきた男性と同じもので――!?
身勝手な求婚

身勝手な求婚

同じ施設からひき取られ、ともに成長したリンダとヴェリティ。奔放なリンダはイタリアの領主と結婚したものの夫を亡くし、赤ん坊をつれて帰ってきた。しかしリンダは急死。2か月後、死んだはずの夫を名乗るヴィットーレが訪ねてきた。子どもを取り戻しに来たという彼は強引だが、ヴェリティにあからさまな好意を示しはじめ、彼女を困惑させる。このまま彼といるのは危険よ。だが、可愛いリオを手放したくないヴェリティは彼の館のあるイタリアへ同行することに……。
ボスは罪なプレイボーイ

ボスは罪なプレイボーイ

ヘザーがマネージャーを務める厩舎の臨時オーナーになった弁護士のジェイク。就任の挨拶で、彼はヘザーに気づき、微笑みかけてきた。――ジェイク、あなたは覚えていたの? 1年前の月夜のあの甘美なひとときを…勇気を振り絞ってかけた私からの電話を無視したというのに――ヘザーはそのとき授かった娘を、ひとりで大切に育てている。彼に何も求めてはいなかったが、娘の存在を知ったジェイクは、父親の務めを果たしたいと法的な手続きを求めてきて――!?
孤独を脱ぎ捨てて

孤独を脱ぎ捨てて

仕事ひとすじの女医ニコールにとって、恋は最も必要ないもの。そんな彼女の前に突然現れた設計技師のタイは、澄んだ青い瞳とたくましい体をもつパーフェクトな男性。まぶしい笑顔はニコールの信念をまげてしまいそうなほどに魅力的だ。私に迫る上司は不快でしかないのに、彼だと胸が高鳴る。何より孤独を愛する私が、誰かと肌を重ねてみたいと思うなんて…。初めての感情に戸惑いながらも、ときめきが加速していくニコール。しかし、タイは心を寄せるには危険な男で…。
いとしの王子様

いとしの王子様

幼稚園教諭のローレンは、とてもまじめで堅実なタイプ。そんなローレンが友人の結婚式で初めて出会った相手と一夜の過ちを犯してしまった。アレックスという名前しか知らない彼はとても魅力的だったけれど、もう二度と会うことはないと思っていた。ところが、なりゆきから彼とルームシェアをするはめに。ローレンはけじめをつけようと、絶対にベッドをともにしないというルールを設けるが、得体の知れないアレックスにたびたび誘惑され、心は激しく揺れて……。
過去を捨てた億万長者

過去を捨てた億万長者

夢なかばでバレエ団を辞めたレイチェルは、友人の結婚式で億万長者ニコライと出会った。憂いを帯びた瞳も謎めく彼に、レイチェルは思わず心奪われる。私生活のすべてをひた隠そうとする彼は、ともに養護施設で育った親友たちから距離を置こうとしていた。そんなニコライをひき止めるレイチェルは、彼に自分と同じ苦しみを感じた。愛し、愛される資格があるのか懊悩する自分と。バレエの批評家になるという新しい夢を語りあう内にふたりの唇は重なり――。
禁断の芽ばえ

禁断の芽ばえ

華やかな姉ヘレンの陰で、内気なベスは間違いのない人生を送っていた。大人になった姉はモデルになり、都会へ。ベスは、なんにもできない自分をいいと言ってくれる幼なじみトムと婚約した。披露パーティーの夜、ヘレンは恋人ルークをつれて帰ってきた。イタリア系資産家の彼はなぜか心を突き刺す、燃えるような視線でベスを追いつづける。彼はベスの髪をとき、たくみなリードでダンスに誘うと耳元で甘く囁いた。「人生は一度きり――可能性はこれからなんだ」と唇を奪って!?
富豪と秘書の秘密の十年

富豪と秘書の秘密の十年

18歳の春の終わり、シンクレアはならず者と悪名高いジョーと一瞬で恋に落ちた。セクシーでハンサムな彼はシンクレアにとって世界のすべてだった。「お子様相手はもう飽きた」と残酷に捨てられるまで…。あれから10年、投資会社に入社したシンクレアは仰天した。CEOがあのジョーだったのだ! 大丈夫、私はもう彼の青い瞳に魅了されたうぶな娘じゃないわ。ところが彼は何事もなかったかのようにシンクレアに近づくと、秘書として出張に同行しろと命じてきて…!?
悲しいすれ違い

悲しいすれ違い

リビーは夫のライアンと会うために、アテネにやって来た。5年前、父親に勘当されてまで結婚したものの、たった3か月で別居することになった夫と、正式に離婚するために。しかし、政治家を目指して選挙戦で戦うライアンには、よき家庭人であることを有権者にアピールする必要があった。そこへ、ちょうど現れた妻――。ふたりは2週間の期限つきで、ライアンの生まれ故郷で一緒に過ごすことに。過去の誤解が解け、新たな彼を知るほどに、愛を捨てきれないリビーは!?
愛へ向かう旅

愛へ向かう旅

総合病院の理事長の娘オリビアは、19歳のとき恋に落ちた。相手はインターンの、グラント・マディソン。オリビアの父はしがない若者の彼を毛嫌いしていたが、ふたりは強い反対を押し切って結婚した。結局、結婚生活は10か月しか持たなかったのだが…。それから8年、友人の結婚式で偶然再会したふたり。あの頃と変わらぬ魅力をたたえて、彼女をダンスに誘うグラント。そんな彼に捨て去ったはずの熱情を感じてしまった彼女は、当惑のあまり彼の頬を派手に叩いてしまい!?
デイジーの小さな願い

デイジーの小さな願い

場違いなパーティーで、情けない思いをしていた控えめで物静かなデイジーを優しくフォローしてくれた見知らぬ男性…彼女は彼に淡い恋心を抱いてしまう。後日、デイジーが手伝う父親の骨董店に、なんとその男性が現れる! しかし、ユールスと名乗るオランダ人医師の彼には婚約者がいるとわかり、彼女の恋心はすぐに打ち砕かれてしまう――失意の中、彼の一族の家宝である骨董品をオランダまで届けることになるが、まさか彼とこんな再会をすることになるなんて…!!
愛の忘れ形見

愛の忘れ形見

身寄りのないアリナは、子供のいない友人ルイーズ夫妻のために代理母を買って出た。ところが事故で夫妻は亡くなってしまう。おなかの中には赤ちゃんがすくすく育っているというのに。思いつめたアリナは、ルイーズの兄イーサンに子供の保護者になってもらおうと連絡を取った。イーサンはアリナが動揺するほど魅力的な男性で、さらに驚いたことに、アリナの思惑をはるかに超えた提案をしてきた。自分と便宜結婚をし、ふたりの子供として育てようと言うのだ。
瞳の中の悲しみに

瞳の中の悲しみに

資金集めの天才と呼ばれるPRコンサルタントのジルは、魅力的な医師タイラーからのチャレンジを受けた。それは彼のいる小児科の新病棟建設をかなえること。ジルにとって子供にかかわる仕事は過去の問題から避けたいものだった。しかし、タイラーの冒険心と優しさが、いつしか彼女に克服する勇気を与えていく。私の瞳の奥底に閉じ込めた悲しみも彼に癒してもらえたら…。それを望むにはもうひとつ克服しなければいけないことがある。人生を左右する、あの一番大きな問題を。